人気ブログランキング | 話題のタグを見る

餃子・肉まん

開楽 本店

開楽 本店_c0152767_23541251.jpg

池袋で餃子、と言ったら私は真っ先にここを思い浮かべます。
開楽のジャンボ餃子はとにかく有名。餃子の美味しさで言えば東亭も人気あるみたいだけど(私は未訪問)、この大きさ、美味しさ、そして価格のバランスの良さにつられて何度も足を運んでしまうのです。
以前、池袋で働いていた時はランチでよく利用していたのですが(必ずCセットのラーメンと餃子3個の当時680円を注文していた)、池袋を離れてしまった今、最近あまり行ってなかったので久々に訪問。

開楽 本店_c0152767_23583782.jpg

食べたいものにもよるけれど、ジャンボ餃子が目当てであればセットを注文することを強くオススメします!
ジャンボ餃子は3個で330円ですが、その他の料理が最低でも550円からなのでセットで注文した方が安くあがるのです。
今回はいつも食べていたCセットではなく、久々にジャンボ餃子を堪能したかったのでBセットを注文。
ジャンボ餃子5個に、チャーハン(小)がついて780円です。
尚、メニューを見ていて気付きましたが若干値上げしてました。Cセットが750円になってたなあ。
でも味噌セットは値段変わってなかったし、どんな理由の値上げなのかよくわからん。

開楽 本店_c0152767_03459.jpg

開楽に来る時の目当てはこのジャンボ餃子のみなので、とにかくジャンボ餃子が食べられれば満足です。
注文後、数分ですぐに出てきます。早いのは嬉しいけれど、餃子はアツアツって訳じゃない…かと思いきや、皮が分厚いので意外と中身はアツアツで、肉汁でヤケドしそうになってビックリします。要注意。

開楽 本店_c0152767_044662.jpg

チャーハンはまあ普通。でもパラリとしていて家では真似できない本格的なチャーハン。
強いて言えば、もう少し油を控えてくれると嬉しい。

開楽 本店_c0152767_053868.jpg

表面には焼き色と焦げ目もついており、外側はカリッとしていますが、なんせ皮が分厚いのであくまでも表面のみです。皮が分厚い分、中に近づくにつれてしっとりしています。
肉汁もブワーッと溢れ出てきて、小籠包みたいな感じ。カブリつくと肉汁が垂れそうになるので、お皿の上で半分に割ってから食べるか、ご飯の上に乗せて食べるとベストです!

開楽 本店_c0152767_082352.jpg

焼き面じゃない方はこんな感じ。いかにも餃子らしい餃子。比較対象がないと、ジャンボサイズだとわかりにくいのですが、造りも結構しっかりしてますし、大きいからといって味が大雑把なわけでもないです。
ちゃんと美味しいの。野菜の甘みも感じ取れます。蒸し餃子に近いかなあ。水分が多め。

開楽 本店_c0152767_095345.jpg

オン・ザ・ライスならぬ、オン・ザ・チャーハン(笑)。
大きさが伝わるかしら、と思って乗せてみたんですけど、チャーハンなのでよくわかんないですね。
(チャーハンは普通サイズのお茶碗に入ってました。)

開楽 本店_c0152767_0112143.jpg

餃子をアップで。
腹ペコで訪問したのでペロリと完食してしまいましたが、年配の方には結構ボリュームがあるみたいで、数人の方がジャンボ餃子をお持ち帰りしていました。30円で持ち帰り用のパックを買う事ができます。
また、店頭では生のジャンボ餃子も売っているのでそちらを購入していくお客さんも非常に多いです。
一度買ってみたいな~と思うのですが、なんせ大きいし皮も分厚いしで、ちゃんと火が通るのか不安でいまだ購入した事はありません。いつかはチャレンジしてみたい。

●店舗情報
店名:開楽 本店 (かいらく)
住所:東京都豊島区南池袋1-27-2
電話番号:03-3985-6729
営業:11:00~23:00(L.O22:40)

池袋に来たばかりの頃は、漢字は違うと言えど「おいおい、すげえ店名だな」と思っていた開楽ですが、気付けばすでに5年以上は通っていることになります。あんまり昔すぎてこのブログには記事が残っていないのですが、頻繁には訪問できていないけど池袋内では割と昔から通っているお気に入りのお店なのです。
住所は南池袋になりますが、池袋駅の東口を出てすぐ、服部珈琲舎のわき道を入ってすぐの場所です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ
にほんブログ村




by nalu_3_lin | 2011-11-15 00:20 | 餃子・肉まん | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。


by 岐阜うまうま日記