人気ブログランキング |

岐阜でごはん2017冬

Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01

Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22105314.jpg
妹が用事があるというので、市役所へ。用事が終わった後、すぐそばにあるこちらのベーグル屋さん、Petit Bonheur(プティ・ボヌール)へ。市役所の本当、すぐそばです。徒歩で行けます。ここのベーグルが絶品らしく、買って帰ると妹がいうのでついて行きました。

↑2019年、再訪しました!
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22113296.jpg
私が子供の頃はこんなお店はありませんでしたが、今回の帰省で思い知ったのはもう田舎だとバカにできないな、って事。これは私の地元だけに限らず、全国どこでも頑張っている人はやっぱりいて、都会とか田舎とか関係なくレベルの高いお店が増えて来ています。
こちらは天然酵母を使ったベーグルの専門店です。チェーン以外のパン屋さんですら少ない地域なので、ベーグル専門店ってちょっと他には見当たらず、物珍しさと美味しさが口コミで広がり人気となっているんだそう。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22115606.jpg
店内は縦型でこじんまりとしてますが、所せましと美味しそうなベーグルがズラリと並んでいました。ギャー!美味しそう…!普段、糖質オフを心掛けているので昔に比べてパンなどを食べるペースもだいぶ減らしているのですが、食べない訳にはいかない、という訳で見てるだけのつもりだったけど結局私も買っちゃった。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22121198.jpg
ベーグルって好きな人は本当に好きですよね。焼き上げる前に生地を茹でるのが特徴的なベーグルは、普通のパンなどに比べてモチモチ感がハンパないです。私もたまに食べるけど、チェーン型のベーグル専門店だったり、パン屋さんに並んでいるベーグルがほとんど。それらに比べると、ここのベーグルは丸っこい形をしています。
また、生地には、卵・砂糖・バター・牛乳は使用していないので、素材が気になる方でも買えるベーグルがあるんじゃないかな。

アップルリング(270円)、いちじくのコンポートにキャラメルクリーム(270円)などなど、魅力的なフレーバーが揃っていますがお値段もかなり良心的なのです。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22123495.jpg
あと、個人的によそではあまり見かけない素材を使ったフレーバーが多いなあ、という印象を受けました。私は変わり種って大好きなので、アレもコレも食べてみたいものがいっぱいあって本当に悩んだ!
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22124668.jpg
大学芋(260円)、ブルーベリー(200円)。秋になるとよく登場するサツマイモ味ですけど、単にサツマイモを入れてるだけじゃなくって大学芋ってところが憎い。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22130120.jpg
メープルクルミの塩バター(220円)。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22131490.jpg
甘いだけじゃなくって、お惣菜系のベーグルも揃ってましたよ。鶏そぼろ(270円)、もち海苔チーズ(250円)、生トマトモッツァレラ(250円)など。これはスープに添えるとかのレベルじゃなくって、もうこれだけで食事になってしまいそうな勢いです。
胃袋が何個あっても足りませ~ん。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22133437.jpg
黒ゴマあんこ(260円)。和風、洋風、なんでもあります。妹もだいぶ悩んでましたが、この日はベーグルの種類が比較的揃っていたほうらしいです。実際、この後数名のお客様が来店されましたが、皆さんここぞとばかりにまとめ買いをされてましたし、食べたい!と思えるベーグルがあったら、また今度…と思わずすかさず買ったほうが良いみたい。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22134943.jpg
狭い店内なのに、あまりにも迷い過ぎて姉妹でウロウロ長居してしまいましたが、奥からお店の方が「もうすぐ焼きあがるベーグルありますよ~」と出して下さったのがこちら。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22140352.jpg
枝豆クリームチーズ(280円)。何コレ…すごすぎるんですけど。買うしかない、とソッコーでトレイに乗せました。溶けてカリカリに焼きあがったチーズの香ばしい香りがたまらない…。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22141729.jpg
妹は明日の朝食分までしっかり買ってました。いいなあ、地元だからまた来られるんだよねえ。私はこの先、いつ食べられるのか。お店の方もすごく優しくて、美味しいベーグルの食べ方をコピーした紙も入れてくれましたよ。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22143085.jpg
ランチでうどん食べたばかりで、正直お腹いっぱいだったんですけど「出来立てアツアツを食べない訳にはいかない…!」という事で、姉妹揃って市役所から徒歩で移動し、川沿いの公園のようなところで早速ベーグルを食べる事にしました。
全部は無理ですが、枝豆クリームチーズをはじめ、まだホカホカしているベーグルだけを選んで食べてみる事に。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22144913.jpg
まずは一番人気の枝豆クリームチーズ(280円)。フォルムが美しすぎて直視できない…。普段、あまりごはんの写真は撮らない妹も写真を思わず撮ってしまう程。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22151557.jpg
まるであんぱんのように、ぷっくりと丸いベーグル生地の上からおそらくチーズをかけてカリカリに焼いて仕上げたんだろうな、と思います。すっごい手間がかかってます。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22152990.jpg
手のモデルは妹、私は写真を撮る人(笑)。割って貰ったのですが、このベーグル生地の弾力を見よ…!中に入っている、とろけるチーズと同じくらいにびよーんと伸びる上に、すごくしっかりとしている生地で、繊維というか生地が細く長く伸びてもなかなか切れませんでした。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22154542.jpg
ベーグル生地の中にはたっぷりの枝豆とチーズを巻き込んでいます。美味しい。
表面のカリカリチーズのしょっぱさと、中に仕込まれているチーズのまろやかさのコントラストもすごくいい。そしてそこに、枝豆。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22160544.jpg
小麦粉の味もしっかりと感じられて、後味にほんのりと甘みが残るんです。国産小麦である、はるゆたかを使用しているそうですが優しい甘さ。そこに加わる、チーズや枝豆のしょっぱさ。クセになります。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22161804.jpg
このチーズのとろとろ具合も良かったし、表面部分に比べてしょっぱすぎず、まろやかな味わいになってるところも良かったな。くどくないんですよ。食べやすいのだ。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22163311.jpg
うどんも確かに美味しかったのだけど、ここのベーグルランチでも良かったな(なぜなら沢山の種類を食べられるから)と思える程、美味しかった。とにかく、いろんな味を食べてみたいので、妹と半分ずつ分けあいながら食べましたが、妹も絶賛です。
Petit Bonheur(プティ・ボヌール)01_c0152767_22164716.jpg
表面のチーズがカリカリの部分は、たい焼きでいうところの尻尾の先まで詰まったあんこ的な存在というか…。細部にまで手を抜いてませんよ、という作り手の心遣いが伝わって来る仕上がりでした。まだベーグル話、続きます。

東京に戻ってから色々と調べてみたのですが、どうやらお店の方は現在1人体制で頑張っていらっしゃるようです。その為、お取り置きなども出来ませんしお休みも結構あるみたいですが、訪問してお目当てのベーグルがあったらラッキーくらいの気持ちで応援できるといいなあ、と思います。

(2017年1月27日訪問)

●店舗情報店名:Petit Bonheur(プティ・ボヌール)(ぷてぃぼぬーる)
住所:岐阜県土岐市土岐津町土岐口2078-6
電話番号:0572-56-513
営業時間:11:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月・火・木曜日
HP:http://petit-bonheur1010.net/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ



スイーツ

by nalu_3_lin | 2017-03-23 22:20 | 岐阜でごはん2017冬 | Comments(0)

池袋を中心としたウマー( ゚д゚)なグルメ。一般社団法人日本スーパーフード協会認定 ジュニアスーパーフードマイスター。


by 池袋うまうま日記。