人気ブログランキング | 話題のタグを見る

台湾でごはん2018冬

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21411035.jpg
台湾のヌガー、牛軋糖(ニョーガータン)の食べ比べの為に購入しました。こちらはパッケージのデザインがとってもキュートなので、ガイドブックには勿論掲載されていますしインスタ映えするのでSNSなどにもよくアップされていますね。大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガーです。パイナップルケーキも大人気ですが、実は台湾へ行く前にお土産で頂いて食べてしまったので、今回はヌガーだけを買って帰りました。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21434022.jpg
こちらは16個入りで350元(約1400円)。ミルクピーナッツ、ミルクマカダミア、抹茶マカダミアの3種類がセットになっています。この小花柄はどうも16個入りのみのようで、32個入りで480元のものになると女の子や金魚など別の絵柄のパッケージになるんです。私は自分用に16個入りを買いましたが、かさばらないしスーツケースの中で邪魔にならないのでお土産には向いているんじゃないかなって思いました。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21473791.jpg
透明なケースをスライドさせるとこんな感じ。サイズ感もこの写真でわかるかな?この小花柄のパッケージはランダムに入っているので、店頭で好きな組み合わせのものを選ぶといいと思いますよ。のちほどホテルで購入した時の記事は別途アップしますが、常温・冷蔵など種類がいっぱいありました。マゴマゴしないように事前にネットで色々と調べてから買いに行くといいかも。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21500852.jpg
とにかく薄くてコンパクトです。それでいて見栄えもよく、高級感もあるのでこちらも女子向けのお土産に喜ばれそうですね。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21504810.jpg
とにかくカワイイので何枚でも写真を撮ってしまいたくなります。また、可愛いだけではなく発酵バターを使用するなど、素材にもこだわりが。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21514786.jpg
1人では食べきれないので中身をバラして、ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイのヌガーとセットにして食べ比べが出来るバラマキ土産として配りました。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21524818.jpg
…が、ちょっと難点がありまして。このひとつひとつのパッケージには、何味なのかっていう明記が一切されてないんです。なので、差し上げもので申し訳ないんですけどひとつずつ開封して中身を確かめてから配りました。コレ、私が気づいていないだけで例えばこの黄緑色は抹茶味、とかそういうルールはあるのでしょうか?ネットで検索した限りでは見つからなかったんですよね~、その手の情報が。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21542896.jpg
ひとつずつ取り出して行くと、箱の底にも亀さんのイラストが…!食べ終わった後もちょっと嬉しい気配りが潜んでいるんです。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21551204.jpg
色合いもパステル調で、レトロ感があるのもいいですね。台湾のヌガーは基本的に細長く、透明な袋に入っているものがほとんどなのでオークラの場合はこの正方形とデザインの意外性がウケたんじゃないかなって思いました。見た目、大事。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21562718.jpg
この小さな箱を開けると、オブラートで包まれたヌガーが出て来ます。そのままお口にポイっと放りこんでしまってOKです!
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21573746.jpg
これが中身を色々と調べている時の様子(笑)。抹茶味は黄緑の箱にも入ってたし、青色の箱にも入ってたし…。ランダムだなあ。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21583668.jpg
こちらはミルクマカダミア。ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイと同じく、マカダミアナッツが入っています。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_21595913.jpg
実際に他メーカーと比べてみるとわかるんですけど、同じヌガーでもやっぱり全然違う…!ロイヤルニッコーより甘みがとても強く、なんというかネチネチとしてます。キャラメルに質感が近いですね。口の中ではすぐにとろんと溶けるんですけど、後味もずーっと甘さが残る感じ。ヌガーというより、キャラメル。バターを使っているからなんでしょうか。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_22015518.jpg
こちらも比較対象がロイヤルニッコーとなってしまいますが…抹茶マカダミア。日本は寒いので硬い質感になってしまっていますが、口の中に入れるとまろやかに溶けて柔らかくなるのでチープさは感じなかったです。さすが。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_22030769.jpg
中に入っているマカダミアナッツはサクサク!ヌガーはやっぱりキャラメルに近いねっとりさがあって、ロイヤルニッコーの空気を含んでいるような軽い感じとは真逆をいっているかなあ、と。抹茶味はなかなか強く、後味はちゃんとお茶の苦みが残ります。甘さは強いけど抹茶味の主張もちゃんとあるよって感じ!
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_22043328.jpg
最後はミルクピーナッツです。ベースのヌガーの味はミルクマカダミアと同じですが入っているナッツの種類が違うだけで味わいやその印象も結構違います。まず、香ばしさが全然違う!ピーナッツはやっぱりマカダミアに比べて香ばしく、食べてすぐわかるの。
大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー_c0152767_22054760.jpg
その分、ヌガーそのものよりもピーナッツの風味の主張が強すぎてしまって、ちょっとチープな…うーん、なんだろう。ご当地のお菓子とかにありがちな、落花生キャンディとかピーナッツキャラメルみたいな、ああいう味に感じてしまう。ヌガーっぽくはないですね。ピーナッツキャラメルだな、こりゃ。

という訳で、個人的な好みだけで言うと私はホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイのほうが好きかな。ただ、オークラがマズイって事ではなくて、甘さ強めやネチネチ感を求める人にはオークラをオススメしたいです。見た目もいちいち、可愛いですしね。台湾のヌガー、奥深いです!
ちなみに、こちらのヌガーはオークラの1Fにあるベーカリー、The Nineにて販売しています。

★台北老爺大酒店(ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ)のヌガーの記事はこちら

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)
http://www.okurataipei.com.tw/jp

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-01-30 22:11 | 台湾でごはん2018冬 | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。


by 岐阜うまうま日記
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31