人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岐阜でごはん2013冬

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬

25:西アフリカ カッセーナの家

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13444140.jpg
リトルワールド一周の旅。どうにか、こうにか、半分ほどの国を見終わり、いよいよ後半戦へ突入します。
この界隈はアフリカ周辺の国の家屋が多そうです。25:西アフリカ カッセーナの家。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13454022.jpg
すんごい素朴な作りで、しかも冬なので寒々しくてここは足早に見て終わってしまいました。うちの家族なんて見向きもしなかった。ヒドス。
西アフリカの国、ブルキナファソ南部のサバンナ地帯に住む農耕民、カッセーナの家です。方形の家には男、ヒョウタン型の家には女が住むことがほとんどです。なんというか、家の集合体みたいな感じです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13455715.jpg
少し歩いてネパールへやってきました。
これはチョルテンという名前の仏塔。旗がついていてお祭りっぽい。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13461345.jpg
寺院内や峠に建てるのが一般的なんだそうです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13462586.jpg
写真にはおさめていませんが、ネパールの敷地はかなり広かった。広場みたいなのをグルッと一周する形で寺院へと向かうのですが、その途中にあったのがこちらのマニ輪というもの。
私はこれがなんなのか知らなかったのですが、母親がなぜか知っていて張り切って解説までしてくれた上に「まわして!まわさないとダメだから!」と積極的にすすめられたので家族全員でグルグルまわしてきました。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13464467.jpg
で、これがマニ輪というもの。この筒を時計まわりにまわすとご利益があるんだそうです。音は別に何もしなかったなあ。なんか綺麗な音色とか出たら楽しそうなのですが。


26:ネパール 仏教寺院

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13465668.jpg
26:ネパール 仏教寺院。
ネパール東部のヒマラヤ山中のタキシンド村に、1946年に建てられたチベット仏教のニンマ派に属する寺院をモデルに復元したものです。本堂には釈迦如来を安置し、周囲の壁や天井には仏画やマンダラがびっしりと描かれています。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13472837.jpg
入り口付近はすごく質素で、正直「見なくてもいいかなあ」なんて最初は思っていたのですが、中へ入ってビックリ。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13474303.jpg
天井や壁に描かれている仏画がとても見事でした。
京都のお寺なんかにもこの手で絵が描かれていたりしますが、私はこういうの大好きで結構長い時間見入ってしまうタイプです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13480102.jpg
絵柄にもちゃんと意味があるんだそうで。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13481878.jpg
これは寺院の入り口左手にあったものだったかな?
文字通り、極彩色豊かな仏画や曼荼羅がビッシリと描かれております。圧倒されてしまいました。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13483281.jpg
六道輪廻図。
六道輪廻(バヴァ・チャクラ)は仏教の根本思想である輪廻転生を表しています。中央の円内には人間の持つ煩悩の3つの代表である、欲・怒り・愚かさの象徴として、鶏・蛇・豚(猪)が描かれているそうです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13485209.jpg
ものすごく怖い顔してるんですけど…。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13490689.jpg
入り口付近だけでも十分素晴らしい仏画を拝見できますが、靴を脱ぐのが少し面倒でもぜひ中まで入って頂きたい寺院でした。
(父親は寒さに負けて入り口のみ、私と母親は中まで入った。)
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13492664.jpg
後光が差しておる。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13493807.jpg
こちらは本堂の中になるのですが、宿坊や台所なども復元されていました。敷地内には宿坊やマニ輪舎が建ちならび、現地ではラマ僧がくらしながら修行にはげんでいます。近在に住むシェルパらの信仰の中心になっています。

27:インド ケララ州の村

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13495230.jpg
とにかく広いネパールの敷地を出て、次は27:インド ケララ州の村へ。実はここでインドカレーを食べるつもりで、楽しみにしていた場所なんです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13534016.jpg
インド雑貨を販売しているお店もあります。カラフル!
子供の頃、まだ今ほどインドカレーやナンが当たり前ではなかった時代に親に連れられて、ここで生まれて初めて「カレーライスではないカレー」というものを食べました。インドカレーとナンです。


もう本当に衝撃的だった。市販品のナンも無い時代でしたので、大型連休になる度にリトルワールドへ連れてってくれ、と親にねだってナンを食べさせて貰ったっけなあ。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13540524.jpg
ところがですね、時代も変わってしまい私が子供の頃に記憶していたインドカレー屋ではなくなってしまっていたんですね。ガラス越しに釜でナンを焼くインド人(ネパール人だったかも?)のおじさんをジーッと見ているのが大好きだったのですが、今は食券制のお店に変わってしまい、ナンを焼いている風景も外からは見えなくなってしまってました。残念。

家族で「お店変わっちゃったね~」なんて話してたら、この店からちょうど出てきた年配のご夫婦が「昔とお店、変わったみたいよ。味もやっぱり違ってるわね。」なんて話しかけて下さって。
味の好みは人それぞれあるとは思うのですが、「昔の方が美味しく感じたわねえ。」なんて奥さんがおっしゃられてたので、結局ここでインドカレーを食べる計画はボツとなったのです。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13543082.jpg
お値段はとてもリーズナブルですので、また機会があれば食べてみてもいいかな、とは思うのですが。昔、あまりにもガラスにへばりついていて(実際には釜のそばで熱くなってるので触ってませんが)ナンを焼く風景を姉妹揃って見ていたもんだから、途中でインド人のおじさんがちっちゃいナンを焼いてくれて私と妹に与えてくれたのでした(笑)。


リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13545059.jpg
南インドのケララ州にある、水田とココヤシに囲まれた美しい村をモデルに、いくつかの階層(カースト)の家を復元しています。地主であるナヤール・カーストの家は、1階が居間・食堂・ベランダ、2階が寝室です。1階の入り口や居間などにはヒンドゥーの神々が祀られています。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13550581.jpg
日本にあってもさほど違和感のないスタイルのおうち。
ですが、気候がよい地方の家だからなのか風通しがよすぎるほど開けっ放しのおうちでした。っていうか、そもそも壁があまりなかった。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13552243.jpg
横からみるとこんな感じ。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13553559.jpg
そこからまたテクテクと歩いていくと、3月にオープン予定のトルコの街の建設地域が見えてきました。ここに出来るのか。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13555180.jpg
新家屋の登場は15年ぶりです。公式サイトの情報を見てみると、飲食店や雑貨屋さんも併設するそうで楽しみですね。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13560548.jpg
リトルワールド内とは言え、重機も入ってましたし建設の告知がちゃんと出ておりました。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13562029.jpg
007 SKYFALLの冒頭にも登場した、イスタンブールの街並み。

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13563472.jpg
結構な高さのある建設物でしたね。どうせ行くなら暖かい季節にぜひまた訪問してみたいです。

28:タイ ランナータイの家

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13565601.jpg
28:タイ ランナータイの家。
タイ北部の平野、ランナータイ地方で水稲耕作をしている人々の家です。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13572064.jpg
この地方の気候は季節風によって5月から11月にかけての雨季、11月から翌年の4月にかけての乾季に分かれています。高床の家屋には、食事や作業の場になる前室と、寝室、かまどのある母屋と炊事場、穀物庫があります。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13573798.jpg
床下は作業場・物置・家畜小屋として利用されます。傾斜の強い瓦ぶきの屋根、窓のない母屋は亜熱帯の風土を反映しています。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13575122.jpg
先ほどのインドの家と同じく、こちらも開放感溢れる造り。

寒すぎるので温かいものが食べたい

リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13583028.jpg
インドカレーで昼食計画がボツになったので、小腹が空いてしまった妹夫妻がトロピカルフルーツ村という飲食店にワラワラと群がるの図。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13585922.jpg
世界あったかめん紀行、トムヤムヌードル(450円)を注文しました。
リトルワールド・04@岐阜でごはん2013冬_c0152767_13591341.jpg
辛い!でも酸っぱい!だけど、甘みもある?という不思議な味わいのトムヤムクンに麺が入っております。海老もなかなか大きいサイズで入っていて満足度高かったです。ポカポカ温まりました。さて、ゴールはもうすぐ、近くなってきました。ラストスパートです。

野外民族博物館リトルワールド
http://www.littleworld.jp/index.html

(2013年1月2日訪問)


by nalu_3_lin | 2020-02-05 14:00 | 岐阜でごはん2013冬 | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。


by 岐阜うまうま日記