人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岐阜でごはん2017冬

織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬

地元の産業、織部焼について勉強する

織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21512024.jpg
岐阜県土岐市の実家帰省、6日目。この日は父親が仕事休みだというのでデートに出かけてきました(私は母親よりも父親と仲が良いので)。
と思ったのだけれど、妹と妹の旦那も休みだったらしく暇だからついて来るというので4人で織部の里公園へ出かけてきました。実家から車だとめちゃ近いです。

織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21540927.jpg
公園はとっても広いのですが、私の目的はこの元屋敷窯というもの。
なので公園を一周することはなく、ここだけにポイントを絞って見学してきました。私は記憶にないのだけど、妹の学年はものすごーく昔に社会の見学で来たらしい。でも今みたいにきちんと整備はされていなくって、野ざらし状態だったそう。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21542260.jpg
現在はきちんと屋根などがつくられ、立派な見学コースになっています。が、案の定ガラガラです(笑)。陶器とか織部焼について興味がある方にはとても楽しい施設なんですが、地元の人間にとってはなんにも珍しくないので…。なので、管理事務所は別にあるものの、無人なので勝手に入っていっていいですし、なんと見学は無料!素晴らしい!
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21543546.jpg
元屋敷窯、上から見たところ。別名、連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)と言います。長い斜面のように見えますが、これ全部が陶器を焼く為の窯なんです。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21544926.jpg
うちの地元は陶器の産地なのですが、この地域は織部の焼き物がメイン。この窯では、黒織部志野織部など様々な織部製品が生産されました。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21550118.jpg
全長24mなのでかなりの迫力です。現在は使われておらず、階段を使って間近で見学のみできるようになっています。でも昔は実際に使われていたんですよ!
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21551453.jpg
うちの実家はもうたたんでしまいましたが、陶器屋さんを営んでおりました。さすがにこんな古い窯ではなかったが、窯もあった。なので父親が超詳しい(笑)。隣でずっと解説をしてくれて助かった。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21552726.jpg
下から見た元屋敷窯です。全部で14室の燃焼室焼成室で成り立っています。この連房式登窯は九州の唐津より導入されたとの事。各房にはそれぞれ出入り口があり、そこから出たり入ったりして焼く為の陶器を置いたり燃料を置いたりしたのですね。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21553989.jpg
炎や煙って上にのぼっていくので、この窯だと無駄がないんですよー。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21555161.jpg
横から見るとこんな感じになっております。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21560432.jpg
子供の頃から学校でこの手の施設の見学に出かけたり、実際に授業で陶器を焼いたりしたけれど、やっぱりピンと来なくてね。
大人になってから楽しいと思うようになったなあ。実家があのまま陶器屋さんを続けていたら、私はそのまま陶器屋さんになってたと思います。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21561743.jpg
こんなに大きな窯はさすがにあちこちには無いけれど、地元には他にも窯跡がいくつかあるので見学に出かけると楽しいと思います。世界一の窯とかもあるよ。世界一、好きだな。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21563171.jpg
昔の名残が…。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21564530.jpg
すぐ近くには、元屋敷東3号窯と元屋敷東2号窯があります。こっちもなかなか大きい。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21565955.jpg
横から見るとこういう風に積まれていたのね…という事がよーくわかります。良い展示だ…すごい勉強になるなあ。これは東2号窯ね。天目茶碗や瀬戸黒、黄瀬戸などが登場しています。東2号窯は廃窯後に取り壊されたのですが、展示する為に復元しています。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21571351.jpg
恐らくここから燃料を入れたりしていたのでは…。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21572722.jpg
公園の全景。あっちまで回れるそうですが、寒かったし目的の窯は見る事が出来ましたので行きませんでした。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21574009.jpg
管理事務所みたいなところに戻って来て、中を探検。陶器がいろいろ展示されていました。実際に出土(という表現が合っているのか謎だが)したもののようです。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21575555.jpg
窯の詳しい説明や、織部焼の様々な種類のもの、また千利休の所持品なども。
織部の里公園で元屋敷窯を見学@岐阜でごはん2017冬_c0152767_21580956.jpg
私が一番好きなものはこの深緑色が印象的なシリーズです。これぞ織部!って感じなのですが、正直デザインがちょっとダサイかも…?と思うような渋い色合いのものもあるので、好き嫌いが激しくわかれてしまうかもですねえ。私も好きになったのって実は大人になってからだからなあ。焼きもの好きな方にはオススメしたいマニアックな観光地です。

織部の里公園
http://www.city.toki.lg.jp/docs/hpg000000571.html

(2017年1月24日訪問)



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ

この続きはcodocで購読

by nalu_3_lin | 2017-03-06 21:50 | 岐阜でごはん2017冬 | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。本ブログでは記事中に広告情報を含みます。


by 岐阜うまうま日記