人気ブログランキング | 話題のタグを見る

丼もの

伝説のすた丼屋 池袋店

伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20142361.jpg
過去記事を探してみたら、なんと2011年頃から行ってませんでした…!

伝説のすた丼屋。ちょうどこの頃、勤務先が池袋ではなくなってしまったので、それまで平日のランチでよく利用してたんですけどパッタリ行かなくなっちゃったんですよねえ。久々に通りかかり、無性にガッツリ系のごはんが食べたくなったので、ランチで利用することに。11時オープンでした。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20160661.jpg
池袋店は地下にお店があるんですけど、こじんまりとはしているものの明るくてよい雰囲気。店員さんもすごくテキパキしていて、この食券機でチケットを買うとすぐに受け取り調理に入ってくれます。すた丼は5分待たないくらいでサッと出て来たかな。まだお昼前ですがすでにほぼ満席。そして女性客がいませんでした(笑)。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20173082.jpg
すた丼 並(630円)。自動的に生卵とお味噌汁がついてきます。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20183766.jpg
メニューがすごく増えていて、チーズとかガリバタとかも魅力的だったんですけども。久しぶりなのでやっぱり、伝統の一杯を頂きたいじゃないですか。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20192575.jpg
お肉は薄切りなんですけども、見てくださいこのボリュームを。どんぶりいっぱいにドーンとお肉がのっているので、少ないな、っていう感じはありませんでした。秘伝のニンニク醤油ダレで濃いめに味付けされたすた丼。そう、この味…!懐かしい気持ちと嬉しい気持ちが交差する。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20204812.jpg
お肉の下には海苔が1枚しいてあります。その下にはたっぷりの白ごはんが。お肉のほか、長ネギなども一緒に炒められているのですが、全体的に味付けが濃いのでお肉を一口食べると白ごはんを三口くらいパクパクといけちゃうんです。オン・ザ・ライスの見本のようなどんぶり飯ですね。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20221018.jpg
そしてスタンダードなすた丼の味を楽しんだあとは、生卵をちょうどどんぶりの真ん中あたりに割り入れます。ビジュアルが強すぎる。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20225282.jpg
これ、生卵を崩してお肉に絡めて食べても美味しいですし、最後まで大事に生卵をとっておきたい気持ちもあったりで、いつも悩む~。そうだ、お漬物(写真右下)もお肉の下に隠れているので、濃い味にあきたらお漬物で休憩もできますよ。お肉がたっぷりすぎて、生卵が埋もれてしまっている図。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20241236.jpg
すた丼、大好きすぎて週1で通ってた時期もあって。家でも再現できないかなあ、って、いろいろ真似た事もあったんですけれど、近い味は出せるんですがやっぱりお店のようなガツンとした味付けは再現できないんですよね。秘伝の味にはかないません。
伝説のすた丼屋 池袋店_c0152767_20251761.jpg
すでにニンニク味は利いているのですが、テーブルに備え付けてある調味料のトレイからすりおろしのニンニクを更に足して、最後はガツガツに濃いニンニク丼にして食べ終えてきました。辛いと感じるほどニンニクを入れてしまった。醤油もあったので、ニンニクに醤油をかけて、生卵も絡めて、お肉と一緒に口へ運ぶとありえないくらいにガッツリ味。私、女性なんだけども、これ完全に男の飯。あー、美味しかった!

●店舗情報
店名:伝説のすた丼屋 池袋店 (でんせつのすたどんや)
住所:東京都豊島区東池袋1-22-1 GSハイム B1F
電話番号:03-5391-1356
営業時間:月~金 11:00~翌3:00 / 土・日・祝 11:00~翌3:00
HP:http://www.antoworks.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ

↑え!これがあれば家ですた丼が食べられるじゃん!

この続きはcodocで購読

by nalu_3_lin | 2020-02-22 20:30 | 丼もの | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。


by 岐阜うまうま日記
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31