人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カフェ・喫茶店

フルーツパーラー・クリケット

フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21155772.jpg
美味しいフルーツゼリーを見つけたので…と頂いてしまった、京都にあるフルーツパーラー・クリケットさんのフルーツゼリー。
届いた箱のデザインがもうカワイイ。レトロなんだけど上品。でも、リボンのシールが貼られてたりして、なんとも言えないキュートさ。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21165010.jpg
ネットで調べてみたのですが、京都と言えば…の観光名所である、京都金閣寺のすぐそばに店舗があるんだそうです。
もともとは京都中央卸市場を営む店主が、世界の果物を美味しく食べて貰おうという思いからオープンしたお店なんですって。だからフルーツが主役のメニューが豊富なフルーツパーラーなんですけれども、フルーツゼリーはお店でもテイクアウト(通販)でも楽しめるので人気があるんだとか。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21192740.jpg
クリケットゼリーの詰め合わせ。今回はグレープフルーツ、レモン、オレンジの定番3種類。ほかにも季節限定で柚子ゼリーや甘夏ゼリーなどが登場するみたい。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21202567.jpg
この包み紙がまたいいじゃないですか。クリケットゼリーは創業以来の看板商品なんだそうですよ。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21210041.jpg
冷蔵の状態で届いたので、早速その日のうちに頂きました。お店で提供されるのと同様に、生クリームまでちゃんとついてきて嬉しい。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21214874.jpg
まずはグレープフルーツゼリーから。なんとグレープフルーツをまるまる1個使っているゼリーなんです。フルーツパーラーのショーウィンドウによく並んでますけど、私はあんまり食べた事がないのでこれはかなり感動しちゃいました!
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21225152.jpg
グレープフルーツの蓋を開けると…中からグレープフルーツゼリーがぷるるんと顔を出します。めちゃめちゃ美しい…!
果物をまるごとくりぬき、そしてそのまま器に使用しているのがクリケットゼリーの特徴です。ゼラチンを限界まで減らすから、ぷるるん食感をキープできるんですね。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21242320.jpg
ちなみに、蓋のほうはそのまま果肉が残っていました。グレープフルーツの断面図。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21245137.jpg
すごく薄い、透明感溢れるキラキラとしたゼリーでした。グレープフルーツゼリーは、グレープフルーツのほのか~な甘みの中に、苦みもキッチリと感じられるところがポイント高い!いいアクセントになってます。クリケットの人気ナンバー1ゼリーなんだって。やっぱり!
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21255965.jpg
ゼリーの様子をお伝えするべく先にスプーンを入れてしまいましたが、本当は蓋側の果肉を絞って、果汁をしっかりとゼリーにかけてから食べるのが正しい食べ方のようです。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21265463.jpg
グレープフルーツの果汁がめっちゃ出て来る~!そうすると、不思議な事に果汁をかけるのとかけないとでは味が全く違う事がわかります。先ほど、あえて果汁をかけないで食べたので余計にその違いがハッキリとわかってビックリしたよ~。
フルーツパーラー・クリケット_c0152767_21271468.jpg
別添えでついてきている生クリーム、お店ではゼリーの上に絞った状態でサーブされるっぽい。口直しに時々スプーンですくって食べてもいいですし。
私は平気でしたが、ちょっと柑橘の酸味が気になるかなあ、って場合は一緒に食べると味わいがマイルドになりますよ。

↑青果市場とか八百屋関係者のフルーツパーラーはマジでヤバイ

●店舗情報
店名:フルーツパーラー・クリケット(ふるーつぱーらー・くりけっと)
住所:〒603-8345 京都市北区平野八丁柳町68-1 サニーハイム金閣寺1F
電話番号:075-461-3000
営業時間:10:00~18:00(LO 17:30)
定休日:火曜日不定休 / 12月31日休業 / 元旦より営業
HP:http://www.cricket-jelly.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 土岐情報へ


by nalu_3_lin | 2020-10-31 08:15 | カフェ・喫茶店 | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。本ブログでは記事中に広告情報を含みます。


by 岐阜うまうま日記