人気ブログランキング | 話題のタグを見る

洋菓子(ケーキなど)

chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見

年末年始の過ごし方

chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13315479.jpg
新年をお祝いするお菓子と言えば、そう!ガレット・デ・ロワです。ガレット・デ・ロワは、公現祭の日(1月6日)に食べるフランスのお菓子なのですが、年明けに家族が集まったタイミングで食べる習慣が根付いているので必ず1月6日でなくてもOKです。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13340106.jpg
私はいつも年末年始の帰省のタイミングで頂いてましたが、今年はずっと実家にいるので1月6日の今日、頂いてみる事にしました。ここ数年はもうずっとシェ・シバタのガレット・デ・ロワかなあ。フェーブ(Fève)もかなりたまってきた。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13352892.jpg
ところがですね、今年は切り分けている最中になんともうフェーブに当たってしまって…。陶器で出来てるから硬くて切れないんだよねえ。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13360926.jpg
ガレット・デ・ロワの中に入っているフェーブに当たると、その日の王様(王妃様)という事になるんですけれど、最近は誤飲を防ぐためにあらかじめフェーブはよけて渡してくれるケーキ屋さんもあるようです。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13370628.jpg
という訳で、切り分け係だった私が王冠を頂く事に…なんだか申し訳ない(笑)。まあ、いいのです。縁起物だからね。ちなみにこの王冠もセットでついてきました。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13375267.jpg
シバタのガレット・デ・ロワ、私好みの超~硬いザクザク食感なので、もう本当に大好き!パイの部分もサクサクだし、土台のタルト部分もザクザクです。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13384641.jpg
ガレット・デ・ロワの断面図はこんな感じ。アーモンドクリームが詰まっているタルトなんですけれど、このクリームの部分もねっとりとはしてなくて、いい意味でホロホロと崩れるような、食べやすい食感なところも気に入っているのです。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13410319.jpg
ちなみに箱から取り出した状態はこんな風でした。パイ生地とアーモンドクリームで焼き上げたガレットはフランス北部発祥のお菓子なんですが、1月いっぱいはフランスで売られているという人気のお菓子です。海外だとおせち料理っていう概念がなさそう(国によるけど)なので、こういうお菓子がみんなが集まる場所での主役となっているのではないでしょうか。
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13431844.jpg
今年のシバタオリジナルのフェーブ(空豆という意味)は真っ赤なハート型でした。あれ、確かこんな形のケーキなかったっけ?
chez Shibata(シェ・シバタ) 多治見_c0152767_13435882.jpg
裏にはシバタのロゴもバッチリと入っていました。ガレット・デ・ロワだけではなく、クグロフの中にもフランス製のフェーブを入れているそうなので、お好みでどちらかを購入するといいと思いますよ。小さなお子さんやご年配の方がいる場合は、フェーブを誤飲しないように十分お気を付けくださいね。

↑2013年のガレット・デ・ロワのお話はこちら

↑2008年のガレット・デ・ロワのお話はこちら

●店舗情報
店名:シェ・シバタ 多治見店(しぇ・しばた)
住所:多治見市太平町5-10-3
電話番号:0572-24-3030
営業時間:10:00~19:30
定休日:火曜日
HP:http://www.chez-shibata.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 土岐情報へ


by nalu_3_lin | 2021-01-06 13:48 | 洋菓子(ケーキなど) | Comments(0)

岐阜県土岐市を中心としたグルメ&スイーツブログです。旧:池袋うまうま日記。


by 岐阜うまうま日記