人気ブログランキング |

カテゴリ:和食その他・地方料理( 13 )

丸武 本店

丸武 本店_c0152767_21451084.jpg
もうすぐ豊洲移転に伴い閉場するという築地市場に行って来たという同僚のお土産。閉場するのは場内市場で、観光客がよく訪問するという場外市場はそのまま残るそうです。その場外市場にある、丸武 本店さんの玉子焼きです。袋にはなぜか船橋と書かれてますが…(?)。
丸武 本店_c0152767_21465180.jpg
これ確かテリー伊藤さんのご実家じゃなかったっけ?甘い味付けの玉子焼きでした。

●店舗情報
店名:丸武 本店(まるたけ)
住所:東京都中央区築地4-10-10 築地センタービル 1F
電話番号:03-3542-1919
営業時間:平日 4:00~14:30 / 日曜 8:30~14:00(1月・8月休)
HP:http://www.tsukiji-marutake.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-09-28 21:51 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

炭火和食つかだ

炭火和食つかだ_c0152767_21565687.jpg
久しぶりに中目黒に行って来ました。上京したての頃、実は中目黒界隈に住んでいたのですが引っ越してからはなかなか行く機会もなく。6月29日にオープンしたばかりの炭火和食つかだにお友達に誘われて行った来たのですが、ここは塚田農場の新業態の飲食店となります。焼鳥つかだ同様に、クリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和さんがプロデュースしているお店との事。店内にもありましたが、この墨絵も佐藤さんが描いたものらしいですよ~。
炭火和食つかだ_c0152767_22004095.jpg
店内は思ってたよりちょっと狭いかな、と思いました。中央が職人さん達のお仕事場となるのですが、囲炉裏がドーンと設置されてるんだけど熱気がムンムンでめちゃ暑かったです。結構、距離はあったと思うんだけどな~。あとたまに灰が飛んで来ました。炭火にこだわっているだけあって、焼き方は3種類。食材によってそれぞれ使い分けるそうです。

原始焼き…串に通した食材を囲炉裏に立て食材全体に熱を伝える原始焼き
炭火焼き…炭の上で、食材をジューシーに焼き上げる炭火焼き
藁焼き…表面を藁で炙ることで香ばしい薫りをまとわせる藁焼き
炭火和食つかだ_c0152767_22043691.jpg
それぞれの焼き方別?にメニューも書かれているので、素材で選んでもいいですし焼き方で選んでもいいですし。
炭火和食つかだ_c0152767_22052560.jpg
メニューの一番上には本日の日替わりが、その下は定番が並んでいましたが塚田農場なのでやっぱり地鶏のメニューも多め。あとは魚も多かったかなあ。
炭火和食つかだ_c0152767_22061986.jpg
初めてだったので、まんべんなく楽しめるかなと思いコースをお願いしました。4500円のほうです。
炭火和食つかだ_c0152767_22065586.jpg
ドリンクメニュー、お酒(日本酒)はとても充実していましたがソフトドリンクは少な目。なんだっけなあ、有機栽培だか無農薬栽培だかのお茶をアイスにして出して貰いました。お茶は2種類くらいあったような気がする。あれ、烏龍茶だったかも?あんまり覚えてないです。
炭火和食つかだ_c0152767_22092463.jpg
コースの1品目。目の前で職人さんが盛り付けをして下さった、生雲丹の大トロ巻き。一口でいけるサイズ。めちゃ贅沢な一品なんでしょうが、私はウニもトロも興味がないので普通に食べて終わり。一緒に食べてたお友達は「とろける…!」と感動していました。
炭火和食つかだ_c0152767_22101222.jpg
2品目、揚げじゃこと香味野菜の自家製豆腐。これ美味しかったな。
炭火和食つかだ_c0152767_22113451.jpg
葱がちょっと食感が硬かったので、もう少し細めに切って貰うか少し湯通しされてると豆腐となじんで良かったかも知れない。お豆腐は超~滑らかでした。胃に優しいというか、口あたりまろやかでペロリといけてしまった。
炭火和食つかだ_c0152767_22123425.jpg
囲炉裏では他のテーブルから入ったオーダーらしき魚がどんどん焼かれていました。これが原始焼きみたいです。日本昔話のようだ(笑)。
炭火和食つかだ_c0152767_22131963.jpg
3品目、熟成魚の藁焼き。
炭火和食つかだ_c0152767_22135418.jpg
この日は熟成10日目の黒ムツだったように記憶しています。
炭火和食つかだ_c0152767_22143512.jpg
黒ムツが、カツオのたたきに似ているようで似ていない、なんか独特な味わいがあったなあ。美味しかったな。旨みがギュっと閉じこもっているというか、生のお刺身の新鮮さとはまたちょっと違う美味しさ。プーンと香る藁の匂いもよかった。
炭火和食つかだ_c0152767_22155070.jpg
4品目、これが食べたくて4500円のコースに決めたのでした。あつあつ和だしに焼き佐土原茄子。
炭火和食つかだ_c0152767_22163279.jpg
職人さんのお仕事の様子を見させて貰ってたんですが、囲炉裏で皮ごとまるっと焼いた茄子を手早く剥いて仕上げた一品のようでした。茄子がトロットロ!職人さんいわく、コツがあって上手に焼かないと水っぽくなっちゃうんですって!
炭火和食つかだ_c0152767_22274718.jpg
で、いよいよメインの炭火焼!の、串!めちゃ大きなじとっこの炉端串が運ばれて来ました~!ついさっきまで囲炉裏の周囲に刺さってた串!
炭火和食つかだ_c0152767_22285070.jpg
写真だとなかなかこの大きさを伝えられなくてもどかしいんですが、シュラスコみたいな大きな串なんです、これ。しかも1人分!
炭火和食つかだ_c0152767_22303439.jpg
じとっこ(鶏肉)はとってもジューシー。肉質は結構しっかりめで食べごたえあり。わさびをちょいちょいつけて、ネギと一緒に口に運ぶとめちゃ美味しかった。
炭火和食つかだ_c0152767_22320095.jpg
お友達が「2人分でこれ1本かと思った」っていうくらい、とにかく大きくてボリューム満点でした。これはテンション、あがる…!私がもともと、鶏肉大好きだからなのかも知れませんが。あと、さすが塚田農場の系列だなって思ったくらい、やっぱ鶏肉(地鶏)美味しかったです。
炭火和食つかだ_c0152767_22331062.jpg
酒肴三点盛り。でも私はお酒は飲まないので…。
炭火和食つかだ_c0152767_22334740.jpg
この次に出て来た、こちらのとうもろこしの羽釜めしと一緒にお漬物などは頂きました。ちょうど、しょっぱい系が揃っていてよかったです。今が旬のとうもろこし、品種は不明でしたが産地は確か山梨県だったんじゃないかな。
炭火和食つかだ_c0152767_22345512.jpg
つい最近もSNSで話題となっていましたが、芯もまるごと入れて炊き込むとうもろこしのゴハンです。職人さんがお椀によそってくれました。ちなみにこちらは2人分が1つの釜に。
炭火和食つかだ_c0152767_22355186.jpg
香ばしくもあり、とうもろこしの自然な甘みも感じられる美味しい炊き込みごはんです。
炭火和食つかだ_c0152767_22361806.jpg
名古屋のひつまぶしみたいに、2杯目は出汁を入れて頂くのですが断然こちらのほうが美味しかったですよー!確かほうじ茶の出汁だったのかな。香ばしさがグッと増しました。
炭火和食つかだ_c0152767_22370550.jpg
これは自宅でも真似っこできそうです。
炭火和食つかだ_c0152767_22372539.jpg
コースの〆。特製アイスクリームはこれもほうじ茶の味だったんだっけかな?最近は抹茶よりもほうじ茶がキテる感じがしますね。
炭火和食つかだ_c0152767_22381852.jpg
インスタ映え抜群のミニ鯛焼き風の最中つきです。
炭火和食つかだ_c0152767_22384022.jpg
この最中の皮がパリパリで、アイスをすくって入れて食べるとよい食感のアクセントに…。
炭火和食つかだ_c0152767_22391078.jpg
お友達がちょっと気になる、という西京味噌プリン(500円)を追加でオーダーしてみました。
炭火和食つかだ_c0152767_22395236.jpg
ぶっちゃけ、思ってたよりも小さめサイズの器に入って登場。この時点でなんかすでに味噌の香りが漂ってます。
炭火和食つかだ_c0152767_22402644.jpg
味は言われてみると西京味噌なんですが、うーん…感想が言いにくい不思議な味がしました。美味しいともマズイとも言えない、なんか不思議な味。醤油味や味噌味のスイーツは最近はもう珍しくないんですけど、これはちょっとまた変わってるなあ、と。

そんなこんなで、お腹いっぱいになったコース料理でしたが…どれも美味しかったけどやっぱり地鶏の巨大な串が一番印象に残ってますね。アレは本当に美味しかった。また食べたいです。あと、魚系にあまりトライしなかったので今度はコースじゃなくてアラカルトでいろいろ頼んでみたいかも。まだまだオープンしたてのお店なので、これからどんな風になっていくのかわかりませんが、時間をおいてまた再訪したいと思います。

●店舗情報
店名:炭火和食つかだ(すみびわしょくつかだ)
住所:東京都目黒区上目黒2-12-1 1F
電話番号:050-5257-4485
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休
HP:https://www.sumibi-tsukada.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-07-19 22:46 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬

田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21101443.jpg
京都のデパ地下(確か伊勢丹)で出会った美味しい京漬物。催事で出店されていたのですが、東京には進出していない=東京では買えない、という事で今回の京都土産に決定です。田中漬物舗さんのなにこれ漬。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21111192.jpg
まかないで出したところ、なにこれ!なにこれ!と騒がれるほど美味しかった事から商品になったんだって。だから、なにこれ漬。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21115003.jpg
確かに他にはない味わいの漬物でした。私は試食で頂いただけなのですが、珍しいのでお土産に購入。「本当になにこれって味だったよ~」と嬉しい感想も後日頂く事が出来たので京都で見かけたら是非。ちなみに、こちらの写真はデパ地下撮影禁止でしたが、店主にお願いしてこのブースだけ無理を言って撮影させて頂いたものです。ありがとうございました!
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21134244.jpg
パッケージもお土産に向いていると思います。他にも美味しい浅漬けがあったんだけど、日持ちしないとの事だったので今回は諦めました。左がすでに旅立ってますが、なにこれ漬。右は自分用のぶぶ漬。これも試食して美味しかったので購入。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21144787.jpg
なにこれ漬は佃煮風の漬物と説明すればよいでしょうか。公式サイトを見て貰うとわかるんだけど、真っ黒な漬物なんですね。昆布の出汁入りの醤油に漬かっているので、風味もすごくいいし漬物そのものに旨みがあります。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21162061.jpg
滅多に京都へ行く機会はなくなってしまいましたが、行くと京漬物は大体買って帰るかなあ。特に春先に行くと菜の花とか桜を使った、色鮮やかで可愛いらしい春のお漬物がいっぱい並んでいるので、ついつい食べたくなっちゃう。こちらのぶぶ漬は通年商品ですが、冷蔵庫にあると嬉しい定番の漬物って感じ。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21174415.jpg
ぶぶ漬(432円)。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21180765.jpg
帰宅してからは普段使いできるようにタッパーに移して保管します。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21183072.jpg
原材料はこんな感じです。みょうがや紫蘇も入っているので爽やかな仕上がり。
田中漬物舗 なにこれ漬とぶぶ漬_c0152767_21185652.jpg
上り漬を細かく刻んでいるものなので、すぐ使えて便利。塩気を感じる漬物ですが、先の通り、生姜・みょうが・紫蘇も入っているので後味は爽やか、さっぱりなのですね。白いごはんにのせてもいいけど、そのまま混ぜご飯にしたりお茶漬けにのせても美味しい。私は薬味として納豆にも混ぜています。公式サイトではマヨネーズに混ぜてタルタルソースにしても美味しかったという感想がありました。パスタに混ぜて和風の味付けにしてもよさそう。単なる漬物以外にもいろいろと使い道がありそうです。しばらくこれでごはん食べます。

田中漬物舗
https://www.tanakatsukemono.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-02-06 21:23 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

松前屋 西武池袋店

松前屋 西武池袋店_c0152767_21342142.jpg
お盆に実家へ帰る事が出来なかったので、残暑見舞いという事で松前屋さんで昆布の詰め合わせを送って貰いました。季節限定のものでパッケージが夏っぽくてカワイイものがあったんですよ~。いつもお菓子とかフルーツが多いので、たまには変化球で。ゴハンのお供なのでいつでも食べられるしね。
せっかくなので、自分用にも昆布を買いました。普段使いしやすいのってどれですか?と相談したところ、こちらの磯しぎ(540円)をオススメされました。
松前屋 西武池袋店_c0152767_21382988.jpg
松前屋さんは大阪にある会社で、店舗も関西が中心です。都内でも店舗が少ないみたい。昆布の種類がかなり豊富で、味付けや昆布の形がいろいろ違うのですが、こちらの磯しぎは北海道産昆布を炊き上げ、細切りの塩吹きに仕上げてある商品なんですね。
松前屋 西武池袋店_c0152767_21411003.jpg
塩昆布と同じ要領で使えるのですがお茶漬けやおむすびなどのゴハンとの相性はもちろんピッタリ!今、ほぼ毎日ごはんにかけては頂いているところなのです。他にオススメはこんな風にサラダのトッピングにも使えるというところ。生で食べられる野菜とサッと和えてみたり、ビニール袋に一緒に入れて少し揉むと浅漬けにもなるしで、とにかく便利な上に美味しい…!今まであんまりこだわりなくって、スーパーで買えるものでいいかと思ってましたがちょっとハマッてしまいそうです。お友達にも広めてみたい(笑)。

●店舗情報
店名:松前屋 西武池袋店(まつまえや)
住所:豊島区南池袋1-28-1 西武百貨店池袋店 地下1階
電話番号:03-3981-0111
営業時間:10:00~21:00
HP:http://www.matumaeya.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2017-09-02 21:46 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

大定

大定_c0152767_20541482.jpg
会社から少し距離はあるけれど、歩いて築地市場へ行く事が出来るので、年末の買い出しに行くという同僚にくっついて激混みだった築地市場へ行って来ました。去年の話ですが、年末なのですごく混んでました。テレビでよく見るけど、本当あのまんまって感じ!でもなんかお祭りみたいで楽しかったです。
大定_c0152767_20554430.jpg
テリー伊藤さんちの玉子焼きは年末のこの日の分は予約のみで終了との事でしたので、店頭販売をされていたこちらの大定さんに並ぶ事に。少し行列が出来ていましたが、割とサクサク進んでくれたのでそんなに待ち時間なく買う事が出来ました。良かった…。
大定_c0152767_20570160.jpg
同僚が買ってる横でこの日の玉子焼きをチェック。普段はもっといろんな種類があるそうなのですが(多分)、年末で忙しいのでこの日は3種類のみ。手前の江戸前(1500円)、隣の魚河岸(780円くらい?)、そしてお正月には欠かせない伊達巻(2200円)です。同僚は全種類買ってました。
大定_c0152767_20584083.jpg
私はこちらの魚河岸を購入。大定はなんて読むのかわからなかったのですが、だいさだと読むそうです。
大定_c0152767_20592538.jpg
お昼時だったので同僚が自分で買った江戸前を少し分けてくれました。
こっちはお値段が高いだけあって(?)、なんか竹の皮で作られたような立派な入れ物に入ってました。
大定_c0152767_21002124.jpg
もはや、どっちがどっちだかうろ覚えなのですが多分、手前が江戸前で奥の黄色い玉子焼きが魚河岸だったんじゃないかなあ。使ってる卵の種類が違うのかな?と思ったのですが、味も全く違っていてビックリ。江戸前は和風出汁っぽいというかほんのりしょっぱい系で、魚河岸は甘かった記憶があります。
(もしかして取り違えてたらごめんなさい…でも食べ比べてみると味が違う事はすぐわかった)
自分でこんな風に玉子焼きを買うなんて事なかったのですが、年末の築地、なんていかにもそれっぽくっていいじゃないですか。ところで豊洲移転はいつになるんでしょうねえ…。

●店舗情報
店名:大定(だいさだ)
住所:東京都中央区築地4-13-11 ※場外市場
電話番号:03-3541-6964
営業時間:AM 4:00~PM 3:00
HP:http://www.daisada.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ
by nalu_3_lin | 2017-01-05 21:02 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

九州黒太鼓 池袋

九州黒太鼓 池袋_c0152767_21292892.jpg
外でゴハンを食べる約束をしていた時に、「何か地方料理みたいなのを食べたいね」という話になってネット検索をしてこちらに辿り着きました。九州黒太鼓。個室居酒屋ですが、九州全域の料理を楽しめるというコンセプトのようです。ここは地下に同じグループのレストランが集まっていて、昔行った事がある三年ぶた蔵 池袋豚舎の跡地のような気がしました。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21304502.jpg
…が、結論を先に書いてしまうと、ちょっと私には全域過ぎたな。もっと、福岡とか熊本とか範囲が狭くても良かったかも知れない。個人的にあまり惹かれるメニューが無かったです。でも焼酎とかは揃ってたっぽいので、お酒を楽しみつつ利用するならいいのかも知れない。私は飲めないからなー。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21321964.jpg
コンセプトはきちんとしていて、コースターもこんなデザイン。素敵です。店内は暗かったので写真がないけど、ちゃんと仕切りもあってプライベートな空間を保たれているような気がしました。コンセプト居酒屋はこういうところが面白いよね。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21332005.jpg
この日のお通し。大根おろしのようなものと、小さめサイズの冷ややっこ。でも、どちらもなんかすごく凝った味がした。九州の味付けなのかな?
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21340673.jpg
黒豚博多焼き餃子(680円)。餃子の具には黒豚を使用しているので、口に含んだ瞬間ジューシーな黒豚の旨みが広がります。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21353838.jpg
そして、この餃子につけるタレは一般的な餃子のタレではなく、胡麻ポン酢という事でお店のオリジナルな味わいなんだそう。個人的には「うん…」って感じだったんですけど(笑)。なんか中途半端だったし、黒豚そのものの味わいが消えてしまいそうなほどにタレの味が濃かったので、普通にポン酢でいいかも知れません。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21371554.jpg
ちっともオカズではないんだけど、ほかに食べたいものが無かったので…芋ケンピ(490円)。普通に美味しかったけど、出来立てアツアツってわけでもなかった。でもサクサクしてましたよ。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21381799.jpg
いわし明太子(700円)。すごく大きくて立派な、脂の乗ったいわし!…に、辛子明太子を丸ごと挟み込んだメニュー。でも最近はネット通販でもいわし明太子とかサバ明太子って販売されているので、そこまで珍しくないか。私は食べなかったけど、一緒にゴハンを食べた知人は美味しいと言ってました。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21405236.jpg
日南鶏の豪快ごろ焼き200g(1080円)。重さは指定できるみたいですが、200gでも足りない事はなかったです。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21421067.jpg
キャベツがついてきましたので、鶏肉と一緒に食べたり、箸休めに食べたり。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21424387.jpg
それなりにジューシーで噛みごたえもあり、ジュワッとうまみもあふれ出て来たんだけど…まあ、普通だったかなあ。
九州黒太鼓 池袋_c0152767_21433017.jpg
全体的に、お値段も安かったし普通に美味しかったんですが、九州の郷土料理を食べたという気分には私はなりませんでした。チョイスしたメニューの関係もまああるとは思うのですが。今度はもうちょっと、範囲の狭い郷土料理を食べてみたいかな。

●店舗情報
店名:九州黒太鼓 池袋 (きゅうしゅうくろだいこ)
住所:東京都豊島区南池袋2-16-8 藤久ビル東3号館B1F(お伽噺内)
電話番号:050-5841-7100
営業時間:月~木、日、祝日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
金、土、祝前日: 17:00~翌3:00 (料理L.O. 翌2:00 ドリンクL.O. 翌2:00)
HP:https://ddmile.com/reservation/d/41

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ

by nalu_3_lin | 2016-10-01 21:50 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

農家の台所 新宿三丁目店

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21102688.jpg

育休に入っている同僚と、子連れランチをして来ました。写真では拝見した事がありますが、同僚のお子さんに会うのは今回が初めて。新宿、子連れ、ランチで検索をかけて行きやすいお店を探していたところ、こちらの農家の台所 新宿三丁目店がなかなか良さそうという事でこちらのお店に決めました。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21125573.jpg

農家の台所、というお店についてはなんとなくネットで見ていて知ってました。全国の協力農家さんから新鮮なお野菜が直接お店に届くので、有機野菜・無農薬野菜をはじめとした市場には出回らない珍しい品種の野菜を豊富に食べる事が出来るんですよね。
店頭にはお野菜に合わせると美味しいドレッシングやお茶なども販売しています。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21135590.jpg

もちろん、産地直送の新鮮な野菜も!食事をしないで店頭で買うだけ、ってのも出来るそうです。
食事を済ませたあとに、その日に食べた美味しい野菜を買って帰るのもいいかも知れません。エレベーターを出てすぐにまずは少し涼しい野菜庫みたいなスペースを通り、そこから店内へ。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2115217.jpg

こちらのお店が特別子連れ向けに何か工夫をこらしている訳ではないのですが、お座敷があって子連れの方は自動的にお座敷へ通されるシステム?になってるみたいでした。予約をしないで平日の昼間に行きましたが、10分程度待って通されるとお座敷には小さな赤ちゃんや子供さんがいっぱい!
みんなお互い様、って感じなので確かに子連れには優しいかも。普通のテーブルやカウンター席もあって、そちらには大人同士のグループや一人客の方が優先的に通されるみたいです。
ベビーカーは入り口で畳むように促されます。レジ裏にしまっておいてくれるのです。
こちらはお座敷へ通される前の靴箱。野菜の名前が書かれています!

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21175442.jpg

こちらがお座敷の様子です。なかなか広々としていますよね。掘りごたつになっているので、長時間座っていても楽ちんです。子連れ…と言っても、本当に小さいお子さんばかりでギャーギャー泣いて大騒ぎって感じでもなく、ストレスフリーで食事を楽しむ事が出来ましたよ。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2119355.jpg

ランチメニューはこちら。最初はネットで見た、Aの9種類のおばんざい御前がいいかなあ、と思ってましたが他のお客さんのテーブルを見てみるとなかなか大きなお皿でボリューム満点って感じ。
野菜のサラダバーもあるし、そんなに量はなくても大丈夫そうかな?と思って、Cの本日のスープランチにサラダバーをつける事にしました。1480円です。サラダバーがないと800円ですって。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2122381.jpg

で、早速サラダバーへと繰り出します。時間帯にもよりますが、お店の方が常にこのエリアにいて下さって、なくなった野菜をせっせと補充してくれていました。なので、いつでも新鮮な野菜を食べる事が出来ます!

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21235881.jpg

どれくらいかなあ、15~20種類くらいはあったんじゃないでしょうか。
産地や野菜の名前がちゃんと書いてあるので、どんな野菜なのかちゃんとわかって安心。こういうのって嬉しいですよね。また、食べた事のない珍しい野菜や、普段自分では買わないような野菜を食べる事が出来るのも楽しかったです。もともと野菜は好きですが、昨年体調を少し崩してからは基本的に野菜を多めに食べる食生活に切り替えているので、サラダバーは大好き!

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21251916.jpg

ドレッシングもいろんな種類がありました。お店の入り口で買う事も出来ます。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21253999.jpg

まずは第1弾。手前のオレンジパプリカ、黄土色のヤーコンは水分も多めでシャキシャキ!驚く事に、そのまま食べるとものすごーく甘いんです。少ししょっぱめのドレッシングをつけて食べると最高です。
フチが紫色の紫大根?もパリッとしていて食感が面白いです。全く、辛くないの。
その他、キャベツ、うるい、青梗菜などなど、どれもドレッシングをつけなくても十分に美味しいです。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2128728.jpg

真ん中のピンク色のドレッシングが一番美味しかったかな。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21283836.jpg

セロリ、カブ、うるいも、どれも甘い。辛味や苦みは一切ないので、お子さんでも抵抗なく食べられるんじゃないかな。ただ、生なので消化の面から考えると食べ過ぎはよくないかも?そこは様子を見ながらって感じですね。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21294278.jpg

この日のランチの内容です。日替わりで色々変わるんでしょうね。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2130225.jpg

本日のスープランチが運ばれてきました!スープの皿が大きい!

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21311067.jpg

左からめんげ芋のロースト、シャドークイーンとコハク茸のキッシュ、ひとみ五寸人参のサラダ。
色がとーっても濃いです。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2133968.jpg

付け合わせのパンもシンプルながらに噛み応えもあり、中身はモチモチっと弾力があって美味。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2134210.jpg

黒糖生姜のミルクブラマンジェ。お総菜もデザートも優しい味わいなので、ちょこっとお子さんに食べさせる、とかも出来そうなものばかりでしたよ。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21351955.jpg

で、メインのスープ。北海道産地クリリンかぼちゃのスープ。見て下さい、この色。濃い、濃いんです!
そしてビックリするほど甘い。でも自然な甘みというか、砂糖の甘さじゃないんですよねー。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21365115.jpg

お子様向けメニューという訳ではないので、アレルギーや分量には気をつけないといけないな、とは思いますが、決してしょっぱい訳でもなく味も濃くないので、本当に食べやすいんです。でも、物足りない訳でもない。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21375351.jpg

パン、美味しかったな。スープにつけても良かったですよ。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21382070.jpg

同僚のお子さんもパンをしっかり掴んで離しませんでした(笑)。
お母さん(同僚)の判断で、食べられそうなものをちょこっとだけ渡していましたが、お代わりを要求するほど美味しかったみたいです。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21393065.jpg

その隙に私は第2弾。真ん中のサラダえのきというものは、新鮮だからこそ生で食べられるんだそうです。
市販のえのきは生で食べないでくださいねー、とお店の方がおっしゃっていました。新鮮じゃないと食べられないそうなので、今日の分は今日で終了、明日は出しません!との事。徹底していますね。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21411387.jpg

この紫大根(だと思う)、美味しかったです。何枚も食べてしまいました。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21414963.jpg

色々お喋りをしたり、ランチの内容を楽しんだり…少し間をあけてから、第3弾。今度はお皿ではなく、ガラスのコップに野菜スティックのようにさしてオサレに盛りつけ。この頃になると店内はほぼ満席で、サラダバーの前にも多くのお客さんが陣取り、なかなか野菜を取る事ができませんでした。人気があるお店なのですね。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2143337.jpg

茄子、人参、小松菜などなど…みーんな生でシャキシャキ、サクサクっと食べられます。
なにより色がやっぱり濃いですよねえ。とってもカラフルでキレイなんです。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21435749.jpg

サラダえのきはなんというか、不思議な食感でした。ふわふわっとしつつも、サクサク食感も残る感じ?市販のえのきはなかなか生で食べる気になれませんけど(汗)。奥のヤーコンも美味しくて何本も食べたなあ。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2145649.jpg

ドレッシング以外にも味噌や塩もあります。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21452654.jpg

最後にもう一皿…と思ったら、たまたまのタイミングだと思いますが見事に野菜切れ!サラダバーのところで他のお客さんとお店の人の会話が少し聞こえてきましたが、何度もリピーターとして通っている方や、前回満席で入れなかったリベンジのお客さんなどなど、みなさんこの野菜がお目当てで来られている方がすごく多そうでしたよ。特に女性ファンが多いみたい。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21473531.jpg

ギリギリ最後に残っていたお野菜、貰ってきました。第4弾。といっても、お子さんを抱えている同僚の分まで貰って来てたりするので、半分こして食べたりしましたけどね。同僚もピンク色のドレッシングが美味しいと言っていました。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21484695.jpg

このオレンジパプリカもとっても瑞々しい。これでランチはおしまい!
野菜いーっぱい食べて、お腹もポンポンでしたけど胸焼けするような満腹感ではなく、翌日にはお通じもバッチリありました。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21491339.jpg

お会計の後、今日食べた野菜をチェック。あの紫大根はこれだったのかな?はるか、という名前の野菜みたいですね。(違ってたらごめんなさい…。)

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_21511724.jpg

セロリ、マッシュルーム、カブ、人参、などなど…どれも思ってたより高くなくてビックリしました。

農家の台所 新宿三丁目店_c0152767_2152187.jpg

あの甘~いめんげ芋もあった!まるで安納紅芋のようにネッチリ甘いお芋でした。美味しかったな。
なんだかんだ、1時間以上のんびりとランチを楽しみましたが、お店の方も気遣って下さいましたし、子連れでものびのびと食事できる空間だったんじゃないかな、と思います。同僚も喜んでくれて良かったな。

お手洗いは利用していないので、どうだったかわかりませんが、お店の入っているビルの目の前が伊勢丹なので、ランチの前後にデパートを利用するという手もあると思います。最初、ネットで検索している時もやはりデパートの方が子連れには有り難い施設が整っているという感じでしたし、小さい子供連れにオススメのレストランなども沢山ありました。
私自身、一人行動が多いのでなかなか無い機会でしたが、結構楽しかったです。同僚との子連れランチをする機会が今後は増えそうなので、オススメのお店を色々探してみようかな、と思いました。
もちろん、子連れでなくとも!新鮮で美味しい野菜をたっぷりと食べたい時にもオススメのお店ですよ。

●店舗情報
店名:農家の台所 新宿三丁目店 (のうかのだいどころ)
住所:東京都新宿区新宿3-5-3 高山ランド会館4F
電話番号:050-5789-4422
営業時間:月~金 ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:00) / 土・日・祝 ランチ 11:00~15:30 (L.O.14:30) ※ディナーについては公式サイトを参照なさってください
HP:http://www.noukanodaidokoro.com/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2015-02-28 22:03 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13321822.jpg

久々に会ったお友達と飯田橋でゴハンを食べました。といっても、私もお友達もお酒が飲めないのですが、飯田橋は居酒屋さんが多くてどこでゴハンを食べればいいのやら…。そんな中、お友達が見つけてくれたのがこちらのお店です。沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店。
お酒も置いているのですが、メインが沖縄料理なのでゴハンも楽しめるだろうということで。
地下鉄飯田橋駅B3出口から徒歩1分と、雨の日だったのですが立地もよくて助かりました。土曜日の夜に予約無しでしたが、広い店だからなのかお席も確保できて一安心。
まずはウコン茶(300円)でカンパーイ♪

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13353679.jpg

カウンター席だったのですが、目の前にはシーサー。その他、泡盛のカメ?みたいなのも並んでいて沖縄料理屋さんの雰囲気満点でした。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13361872.jpg

メニューは沖縄料理屋さんにあるものは、一通りあったかなという印象。そして、どれも安かったです。その上、ボリューム満点!かなり満足できちゃいました。
お友達リクエストの小えびとアボガドのコブサラダ(580円)。トルティーヤの皮?をパリッと揚げたものが食感がよくて美味しかったなあ。アボカドもしっかり入っておりました。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13383449.jpg

中盤までは店内もそこそこ込み合っていたからなのか、料理が出てくるペースがちょっと遅く感じましたが、その後はスムーズに出てきました。それまでサラダをつまみつつ、会っていない期間の話に花が咲きます。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13395730.jpg

ガーリックポテトフライ(350円)。
定番居酒屋メニューも揃っています。こちらのポテトも山盛り!そしてホクホク!ガーリックの風味はちょっと弱く感じましたが、十分おいしいポテトでした。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13413224.jpg

そして、沖縄料理屋さんに来たらこれを頼まなくては!の、ゴーヤちゃんぷるー(580円)。
私はゴーヤ大好きなのですが、実はお友達は今まであまり食べた事がないんだとか。テーブルに運ばれてきてから発覚したので、無理しないでねと伝えたのですが、食べてみたら「美味しい!」と言ってくれてよかったです。食わず嫌いだったみたいで、「思ってたほど苦くない!」だって。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13435977.jpg

そうなんです、私も元々はゴーヤって苦いんじゃない?と思っていたのですが、ゴーヤチャンプルーを食べてみて「あれ、美味しいじゃん!」と大好きになったクチです。
自分で作る時は、ゴーヤを薄切りにしたり、水にさらしたり、塩もみしたり、タマゴをたっぷりと入れたり、などなど工夫をすると苦味があまり気にならず美味しく頂けます。
慣れるとあの苦味がクセになるので私は自分で作る時は太切りのゴーヤをボリボリ食べてますが。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13461449.jpg

ジーマーミ豆腐(480円)。
こちらは季節限定のおすすめメニューだったかな?逆にこれは私が食べた事なくって、お友達が「食べてみる?」ってすすめてくれた一品。なんというか、杏仁豆腐みたいなモッチモチ感でした。そして、胡麻豆腐ほどのほんのりとした甘みがあり、優しい味だった。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13481227.jpg

ウサチ(480円)。
モズク、もやし、きゅうり、蛸足の酢の物のような感じかな?サッパリ美味しく食べられました。
このモズクがまたしっかりしていて、まるで糸こんにゃく程の太さとプリプリ感。市販のモズクと全然違うんです。すごいなあ。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13511224.jpg

そういえば、私は元々お酒を飲まない=居酒屋さんに行かないってのもあるんですが、年を取って食べるものが変わってきたなあとしみじみ思いました。若い時は揚げ物、焼き物、そして肉!みたいなメニューばかりでしたが、最近はこういう和え物やサッパリしたものも美味しく感じられるようになりました(笑)。
あと、食わず嫌いってダメですねえ。人と一緒にゴハンを食べると、こうやって新しい発見があるのも楽しいんですよね。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13531872.jpg

ガーリックチキンソテー(480円)。
こちらのお店のメニューにはニンニクを使用しているものがとても多かったです。せっかくなので、私達もニンニク料理を頂きました。チキンは運ばれてきたときは半生程度でしたが、鉄板でジワジワ火が通り、食べる頃にはちょうどよくなりました。ジューシー!パリパリのガーリックチップスもまたいい。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13551452.jpg

いよいよシメに入ります。ソーキそばも捨てがたかったのですが、やはり今まで食べた事のないものを敢えて選んでみようという事で、石焼TACOライス(580円)。すっごいボリューム!
石焼ビビンバみたいに、混ぜつつ、焦がしつつ、食べました。トマトの酸味もいい感じ。チーズもとろとろ溶けてトマトと合います。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_13572553.jpg

追加オーダーのマンゴージュース(300円)。
お友達は私が飲んでいたウコン茶に興味深々で、ちょっと飲んでみたら「美味しい!」となって追加オーダーしてました(笑)。二人とも、新しい味との出会いがあるゴハンとなりました。

沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店_c0152767_1403385.jpg

デザート、私はサーターアンダギー&バニラアイス(380円)。
写真がないけど、お友達は紅芋アイスを食べてました。デザートもしっかり沖縄風です。

二人で沢山食べて一人あたり3000円ちょっとで済みました。かなり安いと思います。
だっておなかいっぱい!お酒を飲むとまた違ってくるかも知れませんが、それでも全体的に安いかなと思いましたし量もかなりあったので、大人数で利用するといいお店かも知れません。

●店舗情報
店名:沖縄料理・泡盛・にんにく まんま 神楽坂店 (まんま)
住所:東京都新宿区神楽坂2-10 カグラヒルズ4F
電話番号:050-5522-5554
営業時間:月~木・土・日17:00~23:00(L.O.22:20) / 金 17:00~23:30(L.O.22:30)
HP:http://homepage2.nifty.com/nakatatunet/

※ランチ営業もされているみたいです。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


【うりずん】ジーマーミ豆腐(じーまーみ豆腐)5個セット

【うりずん】ジーマーミ豆腐(じーまーみ豆腐)5個セット
価格:980円(税込、送料別)



by nalu_3_lin | 2012-03-20 14:08 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

【閉店】島ぬ風 池袋

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_1393977.jpg

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_1395830.jpg

メトロポリタンプラザで久々にランチ。開店直後だったのでガラガラでしたが、昼時だったので自分が食べ終えるまでにポツポツとお客さんも入ってました。
ランチタイムは女性グループ客か一人客が圧倒的に多かったです。
帰り道に他のレストランを覗いたらすでに行列が出来ているお店や満席のお店もあったので、この店舗が奥まった場所にあるからよくないのか沖縄料理に競争力がないのかはちょっと不明。

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_1310172.jpg

ランチメニューはいわゆる沖縄料理、という定番ものが揃っていてどれも1000円前後で食べる事が出来ます。私は定番中の定番ですが、ゴーヤチャンプル定食(990円)にセット料金(150円)でグアバ茶を追加しました。

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_13102929.jpg

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_13105060.jpg

ゴーヤチャンプルは素朴というかシンプルな味付け。盛りつけも上品な感じ。
味が薄いってほどではないんですけれど、ご飯に合わせて食べるおかずにしては薄いのかも知れません。
なんとなく個人的な勝手なイメージですが、沖縄料理って味付けも盛りつけも豪快というか、定食屋さん的なイメージが強い料理だと思っているので、これも悪くないんだけどインパクトにかけるような気がする。地味。
周囲のお店のランチタイムメニューはボリューム満点な洋食屋さんなどが多いので、男性客は少ないのかも知れないな~と思いました。その代わり、ヘルシー志向の女性客にはウケるのかも。
小鉢とお椀もなんか体によさそうな薄味(小鉢は酢の物みたいだった)でした。

【閉店】島ぬ風 池袋_c0152767_1311344.jpg

ご飯が六穀米ご飯だったのはちょっと嬉しい。
こういうのってなかなか自分でやろうやろうと思ってもできないので。

これといった特徴がハッキリ言うと無いのですが、別にまずくは無いしランチで利用する分には金額も相場だと思うので満足してます。また気が向いたら別のメニューに挑戦しようかな。
夜は利用した事ないけれど、特に個室とかもなかったしテーブルが並べてあるだけなので、広い事は広いけど宴会っていうムードでもないかな、と思いました。
友達数人でワイワイやるにはいいかもですね。

●店舗情報
店名:島ぬ風 池袋 (しまぬかじ)
住所:東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザ 7F
電話番号:03-5954-8221
営業時間:11:00~23:00
HP:http://www.create-restaurants.co.jp/shop/00138

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

by nalu_3_lin | 2010-01-27 13:08 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)

新宿ねぎし 池袋東口店

2009年10月21日オープン。
サンシャイン60階通り沿い、手前側にあるシェーキーズの隣に出来ました。地下なのでどうかな、と思いましたが店舗はとても明るくカウンターもあり、とってもオープンな雰囲気。店員さんも開店したばかりだからか、活気があって良かったです。
オープンして2日目か3日目の夜に入りましたが、お客さんもそこそこ居て賑わっていました。

新宿ねぎし 池袋東口店 _c0152767_1250037.jpg

いつも牛舌ばかり食べてしまうので、たまには違うものにしようかなと思って牛カルビブラッキーセット(1000円)を、チョレギサラダセットにして合計で1380円。

新宿ねぎし 池袋東口店 _c0152767_12501725.jpg

ただ、このサラダはとってもサイズが大きいので二人で取り分けてもちょうどいいサイズなんです。
二人で行く時はどちらか一人分のセットをサラダ付きにするだけで十分だと思いますよ。

新宿ねぎし 池袋東口店 _c0152767_12504177.jpg

牛カルビブラッキー、名前の由来なのか?わかんないんですけど、真っ黒に焦げたカルビが出て来ました。でも、焦げてて苦いとかマズイ訳じゃなくて、ちょうどいい塩梅というか、風味のある焦げ目だったかな。香ばしいって感じ。
タレもしっかりなじんでてご飯がすすむ、すすむ。

新宿ねぎし 池袋東口店 _c0152767_12505923.jpg

テールスープはあっさり薄味ですが、ダシがしっかり効いてて旨みがあります。
麦とろごはんは物足りなさを感じたらお漬け物を一緒に食べると良いかも。
お昼からこんなに豪勢な定食を食べたらちょっと眠くなってしまいそうなほどボリュームあります。
お肉食べたいけど焼き肉ってほどでもないしなあって時にちょうどいいかな?

サンシャイン60階通りには以前から東急ハンズ斜め前にもねぎしの店舗がありましたが、そちらは店名がサンシャイン通り店に代わり、営業も続けるみたいですね。
混んでる時にもう片方の店に行くという選択肢が出来てありがたいかな。
残念なのは、どちらの店舗も賑やかなんだけどちょっと騒がしい時もある事。カウンターで目の前でお肉を焼いたりしていて活気溢れる雰囲気だからか、仕方ないのかも知れませんけどねえ。

●店舗情報
店名:新宿ねぎし 池袋東口店(しんじゅくねぎし)
住所:東京都豊島区東池袋1-11-1 日本生命東池袋ビル B1F
電話番号:03-5985-1188
営業時間:11:00~23:00
HP:http://www.negishi.co.jp/



テーブルに置いてる冊子にいつも池袋だけ地図が載ってないのが非常に気になる。

工事中だった時の写真はこれ。

新宿ねぎし 池袋東口店 _c0152767_12544244.jpg

by nalu_3_lin | 2009-10-25 12:48 | 和食その他・地方料理 | Comments(0)


池袋を中心としたウマー( ゚д゚)なグルメ。一般社団法人日本スーパーフード協会認定 ジュニアスーパーフードマイスター。


by nalu_3_lin

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
池袋情報
寿司・魚介類
天ぷら・揚げ物
そば・うどん・麺類
焼鳥・串焼・鶏料理
すき焼き・しゃぶしゃぶ
おでん・鍋・スープ
お好み焼き・もんじゃ等
丼もの
和食その他・地方料理
ステーキ・ハンバーグ
イタリアン(パスタ・ピザ)
洋食・欧風料理
西洋各国料理
中華料理
餃子・肉まん
韓国料理
アジア料理
ラーメン・つけ麺
カレーライス
インドカレー
焼肉・ホルモン類
居酒屋・ダイニングバー
ラウンジ・ホテル
パン・サンドイッチ
ハンバーガー・ホットドッグ
カフェ・喫茶店
珈琲・紅茶専門店
洋菓子(ケーキなど)
→シュークリーム
→アイスクリーム
→ドーナツ
→ドリンクなど
和菓子・甘味処
→鯛焼き
→あられ・煎餅
その他スウィーツ(笑)
定食屋・弁当・おむすび
その他
→東京駅
→銀座
→表参道
→上野
→新大久保
→ディズニーリゾート
催事イベント
お土産
→東京土産
→ハワイのお土産
→海外のお土産
→アンテナショップ
お取り寄せ(通販)
お菓子(市販)
→外国のお菓子
→韓国のお菓子
→飴・キャンディ
→無印良品
→株式会社神戸物産
→有楽製菓株式会社
→ヤマザキ
→LOTTE(ロッテ)
→ブルボン
→亀田製菓
→不二家
→チロルチョコ
洋菓子・和菓子(市販)
→モンテール
→ふわふわスフレ(ヤマザキ)
→ロールちゃん(ヤマザキ)
→Delicious Sweets
アイスクリーム(市販)
→森永乳業・森永製菓
→赤城乳業
→明治
→丸永製菓
→グリコ
→ロッテ
→井村屋
菓子パン・惣菜パン(市販)
→ヤマザキ
→ヤマザキのコッペパン
ドリンク類(市販)
→ペットボトル
→コーヒー類
→お茶(ティーバッグ含む)
コンビニ
→ファミリーマート
→ローソン
→セブンイレブン
→サークルKサンクス
→ミニストップ
ファーストフード・ファミレス
ハワイでごはん2010
ハワイでごはん2012
ハワイでごはん2013
ハワイでごはん2014春
ハワイでごはん2015春
ハワイでごはん2016冬
岐阜でごはん2017冬
台湾でごはん2018冬
台湾でごはん2019冬
岐阜でごはん2019夏
野菜
果物(フルーツ)
おうちごはん
→調味料
→インスタント麺
→インスタント麺(韓国)
→【自作】作ってみました
Vitamix
サプリメント・スーパーフード
おいしい!ランキング
食べる本
食べるコラム
Bus sagasu
イベント・取材等
ご挨拶&お知らせ

最新の記事

老舗 長榮堂
at 2020-01-16 21:52
七草粥2020
at 2020-01-16 21:40
【板橋情報】麗茶亭というタピ..
at 2020-01-14 20:25
モナ王 いちごオ・レ@ロッテ
at 2020-01-14 20:17
【不二家】LOOK ブランド苺4
at 2020-01-13 22:25

検索

最近食べたもの。


BTSお気に入りビビン麺164.png
→食レポはこちら


35周年記念ビビン麺
→食レポはこちら


まったり濃厚チーズ味
→食レポはこちら


胃が痛くなるほど辛い122.png
→食レポはこちら


ジンニムペンは食べるべし


初心者さんにオススメ
→食レポはこちら


ニボシ出汁で辛くないよ
→食レポはこちら


辛いけど後味スッキリ!
→食レポはこちら


昔懐かしい味がします
→食レポはこちら


とにかく辛いのが好きなら
→食レポはこちら

遊びに来た人。

free counters

最新のコメント

あけましておめでとうござ..
by nalu_3_lin at 21:07
明けましておめでとう御座..
by yasuyasu0402 at 21:12
パンも時々焼いています。
by vegeko-emily at 21:46
コメントありがとうござい..
by nalu_3_lin at 22:34
このものの原材料は何ですか?
by ラングリッサー at 19:36

ブログジャンル