タグ:可愛いスイーツ ( 148 ) タグの人気記事

【京都彩菜】抹茶 菓茶子 サンドクッキー

c0152767_21290414.jpg
お土産で頂きました。京都彩菜の抹茶 菓茶子 サンドクッキー。かさね、と読むそうです。
c0152767_21303592.jpg
中にはこんなに可愛いらしい葉っぱのクッキーが入っていました。
c0152767_21310456.jpg
サクサク系のクッキーかと思いきや、意外と硬かった(笑)。ビスケットみたいだった。味はかなり濃い抹茶味、そして苦みがきいています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-06-18 21:33 | お土産 | Trackback | Comments(0)

【東京ばな奈】東京ばな奈 チーズケーキ、「見ぃつけたっ」

c0152767_20432334.jpg
はー、やっと買えました!発売日のすぐあと、大丸東京の地下の店舗に行ったけど見当たらなくて、どこで買えるのか…とさまよってたら1Fの店舗で取り扱いがあったよ。
東京ばな奈 チーズケーキ、「見ぃつけたっ」(4個入り 560円)。
c0152767_20451646.jpg
東京ばな奈、いろんな種類が登場していますが遂にチーズケーキが満を持して登場です。ネットでニュース見てからずっと食べたかったのよ。
c0152767_20460689.jpg
チーズケーキだけど、もちろんバナナの形をしています。パッケージも超キュート。クリームチーズ、バナナ、ミルクがしっとりと混ざりあい、溶けあい、やんわりと焼けてチーズケーキになりました。
c0152767_20471145.jpg
しっとりとミルキーの両方を楽しめるおいしさ二段重ねのチーズケーキなんですよ。
c0152767_20474702.jpg
じゃーん!どことなく、バナナの形。
c0152767_20480763.jpg
厚みもそこそこあります。そして、中にはバナナのコンフィチュールが閉じ込められているんで、チーズケーキなんだけど東京ばな奈イズムはちゃんと残されているんですよ。
c0152767_20490047.jpg
しっとりしつつも、ふんわり柔らかく口の中で溶けていきます。はー、美味しい!やっと食べられて大満足です。

東京ばな奈
http://www.tokyobanana.jp/index.html

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-06-02 20:51 | →東京土産 | Trackback | Comments(0)

ふわもちっとパンケーキ(桜葉入りあん&こしあん)@ファミマ

c0152767_23243545.jpg
春らしさ満点!な新商品です。ファミマのふわもちっとパンケーキ(桜葉入りあん&こしあん)、138円。
c0152767_23252559.jpg
春になるとついつい買ってしまうフレーバー、苺、抹茶、そして桜。ピンク色のパッケージも多いので可愛いさにやられてついつい…。あと、桜(の葉)の後味が少ししょっぱいところがいいよね。好き。
c0152767_23262657.jpg
パンケーキの生地そのものがうっすらと桜色をしています。可愛い。
c0152767_23265034.jpg
もちっと、しっとりさも感じるパンケーキ生地の中にはほんのりしょっぱい桜葉入りのあんこと、こしあんがダブルで入っていました。不思議ー、なんかね、和菓子っぽくもあるんだけどパンケーキだからか洋風でもあるの。
c0152767_23274103.jpg
そこまで強い変なクセとかはなくて万人受けしそうな程度に桜の味が抑えられています。桜の和菓子が好きな人ならきっと気に入るんじゃないかな!

★白いパンケーキ(いちご&ミルク)@ファミマの記事はこちら

ファミリーマート
http://www.family.co.jp/index.html

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-03-20 23:30 | →ファミリーマート | Trackback | Comments(0)

艾妮西點・烘焙 Annie Bakery 貓咪鳳梨酥(猫の形のパイナップルケーキ)

c0152767_20581726.jpg
台湾の通称・猫村で購入した、もうひとつのお店の猫の形のパイナップルケーキです。こちらのお店は艾妮西點・烘焙 Annie Bakery(アイニーシーディエンホンペイ)というところで、煤之鄉のお店がある出口とは違う出口のすぐ目の前にあります。まあ距離で言うとどっちも徒歩1分圏内とめちゃんこ近いんですけども。
c0152767_21002134.jpg
箱のデザインはちょっとイマドキ風というか、とてもオシャレ。だからなのか、欧米からやって来た風の外国人観光客はこちらのお店でパイナップルケーキを購入している人が多かったような気がします。箱を見ると他にもう1店舗あるみたいですが、台北市内ではやはり買えないみたいです。
c0152767_21014757.jpg
この箱がそのまんま、手持ちの紐がついているので紙袋代わりにもなります。便利。
c0152767_21021883.jpg
お店では単品購入が出来たので、同じ種類で2個ずつ合計で6個買って、半分はお土産で配りました。お値段は煤之鄉と同じで6個で180元(約720円)。もうパイナップルケーキ買ってるじゃーん、と思いましたが、こっちのお店は炭入りの黒い生地のパイナップルケーキが豊富だった事と、少し違うフレーバーも置かれていたので、さっき買ってない違う味を買ってみようと思ってわざわざ両店舗を回ったという訳です。
c0152767_21043401.jpg
黒猫のパイナップルケーキ。ちなみに形は猫の顔、全身、手(肉球?)の3種類がありました。
c0152767_21055409.jpg
こちらは基本のパイナップルケーキです。パイナップル70%に冬瓜30%の割合。
c0152767_21065888.jpg
目の部分が胡麻みたいな黄色の粒でつくられていて可愛い。
c0152767_21073314.jpg
クッキーのような生地はしっとりとしていて口の中でホロホロと崩れていきます。炭入り特有の味わいがするかな。黄色の一般的なパイナップルケーキの生地とはやはり違いますね。
c0152767_21083469.jpg
可哀想ですが中のパイナップル餡をお見せする為に切断。黄色っぽいパイナップル餡が見えます。ちょうど中心部に入っていました。
c0152767_21091357.jpg
パイナップル餡は甘さ控えめで、酸味はほとんど無し。食べやすい。風味がほわんと口の中で広がっていくような感じがしました。美味しいけど、普通。
c0152767_21095754.jpg
次は猫の顔の形をしているパイナップルケーキです。
c0152767_21102125.jpg
これは蔓越莓鳳梨酥、つまりクランベリー味です。煤之鄉にはなかったフレーバー。
c0152767_21122747.jpg
でもクランベリー特有の酸っぱい!って感じはほとんど無かった…。苺ジャムと言われてもわからんような味わいでした。
c0152767_21131066.jpg
厚みはまあまあありますね。
c0152767_21132620.jpg
なんというか、ドライフルーツの甘みのみって感じでクランベリー感がもうちょっと欲しかったかなあ。惜しいです。
c0152767_21140473.jpg
甘さのみって感じだったので少し飽きが来る印象。
c0152767_21143448.jpg
購入からだいぶ時間が経過しておりましたので、生地は少しパサついてしまってました。
c0152767_21150331.jpg
最後は藍苺、ブルーベリー味です。
c0152767_21154662.jpg
これは竹炭にベストマッチ!って感じで一番美味しかったかな。好き。
c0152767_21164244.jpg
ブルーベリー餡も色が濃くて見た目もよさげ。甘酸っぱさはありませんが、なんというかブルーベリー餡にコクがありました。
c0152767_21172230.jpg
でも甘さは控えめで、後味はとてもサッパリ。大人向けのパイナップルケーキだね、こりゃ。
c0152767_21175515.jpg
色合いだけ見るとゴスロリっぽいですね。
c0152767_21181442.jpg
普通のパイナップルケーキに飽きた方にオススメしたい味わいでした。

猫村、2店舗のパイナップルケーキ屋さんがある訳なのですが、正直どっちのお店でもいいと思います。試食もあるので食べて好きなほうの味を買えばよいのでは、と思いますが、あくまでも個人的な見解で言うと…。

煤之鄉…定番を買うならこっち、日本人ならこっち
艾妮西點・烘焙 Annie Bakery…変化球を狙うならこっち、見栄え重視ならこっち

という風に使い分けてみてはいかがでしょうか。私みたいに食べ比べしてみるのも楽しいですよ~。

●店舗情報
店名:艾妮西點・烘焙 Annie Bakery(猴硐店)
住所:新北市瑞芳區柴寮路38號(※猴硐火車站前、通称猫村の駅を出てすぐ右手)
電話番号:02-2497-9898
営業時間:10:00~18:00(土日は9:30~19:00)
HP:https://www.facebook.com/anniebakery168/

★煤之鄉 貓咪鳳梨酥(猫の形のパイナップルケーキ)の記事はこちら
★台湾の猫村でしか買えない猫の形のパイナップルケーキの記事はこちら

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-03-11 21:26 | 台湾でごはん2018冬 | Trackback | Comments(0)

【東京駅情報】3月3日発売!いちごたまご(期間限定)

c0152767_21311695.jpg
東京土産で購入される方も多いこちらの東京たまごシリーズに、3月3日より期間限定でいちごたまごが登場したみたいです。駅構内あちこちに大きなポスターありました!まだ東京に出て来たばかりの頃、帰省土産にごまたまごを買って帰ったら家族に大好評で一時期ごまたまごばっかり買って帰ってたなあ。今はいろんな種類が増えましたよね。キャラメルとかスイートポテトとか、イマドキ風な味のたまごも出てますよ。

★2017年1月すいーとぽてたまごの記事はこちら

銀座たまや
http://www.tokyotamago.com/product/gomatama/index.html

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-03-06 21:37 | →東京駅 | Trackback | Comments(0)

NEKONOBA 鳳瑞@渋谷ヒカリエ

c0152767_21533091.jpg
にゃんにゃんにゃん、の猫の日(2月22日)に会ったお友達に頂いた素敵なプレゼントです。渋谷ヒカリエで開催されていたShinQs ネコフェスという会場に、猫雑貨などを取り扱うNEKONOBA(出版社ネコ・パブリッシングがプロデュースのブランド)がオープンしていたみたいなのですが、そこで買ってくれたみたい。
c0152767_21553238.jpg
パステルカラーの可愛いらしいデザインに、漢字で鳳瑞(ほうずい)と書かれている不思議な箱の中には…。
c0152767_21562393.jpg
なんとー!こんなに沢山の猫ちゃんたちが入ってましたー!ギャー、可愛いカワイイ!調べてみると、人気クリエーター、KOZACLA氏とKEORA KEORA氏デザインのねこをあしらった商品なんだそう。
c0152767_21572949.jpg
これ、マシュマロなのです。しかも、和風マシュマロとも呼ばれる伝統菓子「鳳瑞」というもの。
c0152767_21580050.jpg
通常のマシュマロに似てるけど実は違っていて、国内産の寒天を使用しているため、ふわふわだけどモチモチとしたしっかり感のある弾力も感じられるのです。
c0152767_21591623.jpg
知らなかったー、テッキリ味の名前なのかと思いました。つまり、猫のデザインは関係なくこのお菓子そのものの事を鳳瑞と呼ぶのですね。この鳳瑞を製造される職人さんは非常に少ないそうで、全国的にもとても珍しいお菓子なんだとか。中に入っていたカードに細やかな説明が書かれていました。
c0152767_22004291.jpg
それにしても綺麗にプリントされてますね…マズル?なんだっけ、あの猫さんの口のところのモフモフしてる部分までとても可愛いく描かれています。
c0152767_22020167.jpg
お味は全て同じでしたが可愛いのでいちいち紹介しちゃう。まずは三毛猫さん。
c0152767_22061337.jpg
中にはこれなんだったんだろう…甘酸っぱい、杏子のようなそれこそホオズキのようなソースみたいなものが入っていました。
c0152767_22065832.jpg
これはなんだー、とらねこ???
c0152767_22072405.jpg
マシュマロのような生地の部分の色が違いますが味わいは基本どれも同じです。しかし、もっちもち。マシュマロは卵白をゼラチンで固めるお菓子ですが、こちらは寒天だからなのかグニグニとしっかりとした噛み応えがあって、和風マシュマロというよりもゆるいグミのようですね。
c0152767_22084817.jpg
最後はモノクロの猫さん。えーと、これははちわれなのかな?ごめんなさい、猫あんまり詳しくなくて…好きなんだけど。
c0152767_22093138.jpg
ソースみたいなものの部分は割とダイレクトに味を感じるのですが、鳳瑞全体的にはそれほど甘すぎず食べやすいです。京都のお菓子らしいからかな。
c0152767_22102001.jpg
いずれにせよ、とても可愛いくて貴重なお菓子をどうもありがとうございました!



出版社ネコ・パブリッシング
https://www.neko.co.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-03-03 22:12 | 和菓子・甘味処 | Trackback | Comments(0)

【台湾土産】大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のパイナップルケーキ

c0152767_22070096.jpg
実はこれ、台湾へ旅立つ直前にお土産で頂いた大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のパイナップルケーキです。現地で自分でも買ってこようと当初考えていたので「先を越されたー!」って気持ちがありつつも(笑)事前に味を確かめる事が出来るのはいいかも、と思ってありがたく頂きました。
c0152767_22081647.jpg
ヌガーと同じく、こちらもひとつひとつを包んでいる包装紙?の柄がそれぞれ違っていて、とても可愛い。中身は全部パイナップルケーキなのですが…。
c0152767_22085898.jpg
パイナップルケーキは単品で1個50元(約200円)で販売されていました。よそより、気持ちお高め設定なのかな、と思います。
c0152767_22093888.jpg
一般的なパイナップルケーキはもっと平べったい形をしていると思うのですけど、オークラのパイナップルケーキは長方形。
c0152767_22101297.jpg
中に入っているパイナップル餡はこんな感じです。随分前の事なので、もうそんなに覚えてないんですけど割と「普通…」と思った記憶があります。生地はクッキーよりももろい感じで、食べる前からホロホロ崩れてしまうほどに繊細。でもバターの風味がすごかった…!
c0152767_22105425.jpg
甘さは色よりも薄いというか控えめで、上品な感じ。パイナップル餡はあまりネチネチしていなくて、サラリとしていて食べやすかったような。だからこそ、あんまり記憶に残っていないのかもですね。
c0152767_22114480.jpg
思ってたよりも普通だったので、これなら別に買ってこなくてもまあいいかと思って結局ヌガーしか買わずに帰って来てしまいました。この写真見るとパイナップルの繊維がしっかりと残っているみたいですけど、実際はそんな事なくてサクッと噛み切れるくらいにアッサリ。甘さはあるけど、くどくないって感じかな。

★2018年1月大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガーの記事はこちら

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)
http://www.okurataipei.com.tw/jp

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-02-05 22:14 | →海外のお土産 | Trackback | Comments(0)

煤之鄉 貓咪鳳梨酥(猫の形のパイナップルケーキ)

c0152767_11152551.jpg
…という訳で、猫村の記事もまだアップ出来ていないのですが先にパイナップルケーキの食レポの記事から。だって賞味期限の関係でね…。先の記事の通り、こちらは台北駅から台鉄(タイティエ)に乗りだいたい40分くらいで行ける猴硐(ホウトン)でしか購入する事が出来ないパイナップルケーキです。通称、猫村。猫があちこちにいる村で、お土産品も猫グッズがほとんどでした。
c0152767_11183581.jpg
日本のガイドブックなどにも沢山掲載されている、煤之鄉というお店のパイナップルケーキです。ちょうど牛乳パックくらいの大きさをしていて、この中にはパイナップルケーキが6個入ります。最初から詰め合わせになっているものもあるし、自分で好きな味のパイナップルケーキを選んでその場で詰めて貰う事も出来るので、試食をしながら私は好きな味を選んでこのボックスに詰めて貰いました。6個で180元(約720円)、1袋は単品で30元(約120円)です。このキュートさでこのお値段はお安いのではないか、と思ってます。
c0152767_11224929.jpg
中身はこんな感じ。見栄えよく綺麗に詰めてくれます。箱がちょいかさばるかな…って思いましたけど頑丈なのでスーツケースの中でも潰れる事がなかったし、気になるなら箱は潰して持ち帰ればいいのではないかな。自分用だったら箱いらないし、袋入りの商品もありましたよ~。
パイナップルケーキと言いつつも、苺やブルーベリー味など様々な味、そして形があったのでお好きなものをどうぞお選びください♪
c0152767_11243152.jpg
まずは基本のパイナップルケーキ 原味。つまり、プレーン。普通のパイナップルケーキですね。
c0152767_11250543.jpg
こちらは猫さんの顔の形をしているタイプで、目の部分がチョコレートというかココア生地だったのかな?黒色で再現されています。口はなかった。
c0152767_11254592.jpg
このパイナップルケーキはカワイイだけではなくて味もちゃんと美味しいのです。餡には冬瓜が混ざっているのでパイナップル100%ではありませんが食べやすかったなと思います。
c0152767_11325519.jpg
厚みもちゃんとあるし。帰国後、私は中身をバラしてお土産にもしました。1個ずつ個別に包装されているのも嬉しい。
c0152767_11333835.jpg
中に入っているパイナップル餡はこんな感じです。パイナップルケーキの断面図~。
c0152767_11340953.jpg
生地はしっとりしつつ、口の中ではホロホロと崩れていくタイプ。手で持つとしっかりしてるなーって思うんですけど硬さはあまり感じなかったです。パイナップル餡はそれほどネチネチしていなくて、割とアッサリ。冬瓜が混ざっているからなのかも。
c0152767_11351463.jpg
自然な甘さで控えめなので、パイナップルケーキがそんなに好きじゃないって人でもまあ普通に食べられるんじゃないかなあ。繊維もそんなにありませんでした。
c0152767_11360722.jpg
お次は蔓越莓。苺味、って事なのかな。
c0152767_11390759.jpg
余談ですが箱やこの小袋はどれも共通のようで、右上に餡の味のシールを貼る事で区別が出来るようです。なので原材料も全部書いてあるから区別するのが難しいのですが、苺味の場合はどうもドライフルーツ的な苺を原材料として使用しているみたい。
c0152767_11405397.jpg
こちらも猫の顔の形をしているものをチョイス。生地にうっすらとイチゴの影が見えます。
c0152767_11412824.jpg
生地の硬さやしっとり具合はパイナップルケーキとほぼ同じです。
c0152767_11415734.jpg
苺味の餡はパイナップル同様に、あまりネチネチはしておらず甘酸っぱさもそんなに無かったですね。酸味より甘み、って感じではあったけど苺ジャムのような甘ったるさではなかった。これも普通に食べやすい。
c0152767_11430258.jpg
ドライフルーツっぽい苺の塊が餡の中に紛れ込んでいるので、なかなか食べごたえがあります。チープな感じがしないというか…人工的な苺味ではないです。
c0152767_11434953.jpg
しかし、逆というと「言われないと苺味ってわからないかも…」というシンプルさではあるかも。ベリー系の何か、って感じかな。
c0152767_11442847.jpg
紫色のシールは藍莓、いわゆるブルーベリー味。こちらのパイナップルケーキのおかげで覚えました(笑)。
c0152767_11451857.jpg
これは苺とは違って、ブルーベリーの果汁を使用しているみたいです。
c0152767_11454838.jpg
苺と同じで、言われないとわからないかなあって感じの味の薄さではありましたが…。パイナップル以外の味も食べてみてわかったんですけど、やっぱなんだかんだ言って餡はパイナップル味が一番なんだな、と。悟りました。
c0152767_11470191.jpg
生地はしっとり、いい意味でモソモソしてます。苺もそうだったけどブルーベリーも酸味はほぼ無し。
c0152767_11480170.jpg
かと言って、ジャムみたいにゲロ甘でもないので食べやすさという点ではお土産に向いてますね。パイナップルばっかだと飽きちゃうかもですし。そういえば写真見て気づいたけど色もあんまりブルーベリーっぽくないねえ。漢字だと「藍」の字が入ってるのにね。
c0152767_11491548.jpg
最後は黒い生地の竹炭桂圓です。生地には竹炭を使用しているので黒猫さんになっています。中身の餡はリュウガン(ロンガン・竜眼・龍眼)なんだそう。
c0152767_11512398.jpg
原材料には桂圓肉と書かれていました。何それ、と思って調べてみたのですが中国や台湾などのアジアに生息する植物で日本だと沖縄にもあるっぽいです。葡萄みたいなまるっこい実がなるんだけど、味はライチに似ているかも。
c0152767_11543151.jpg
同じ形でも黒猫さんになるとまた雰囲気が変わりますね。目が見つけにくい(笑)。
c0152767_11550829.jpg
とにかく、竹炭の香りがスゴイです。プレーンと全然違う…!そして恐らくパウダーとして竹炭が加えられているからなのか、ちょっとパサつきのある生地だったように思います。クッキーに近いかも。
c0152767_11563844.jpg
だからカットするとボロボロ崩れて来ちゃうんです。パイナップルケーキの生地はしっとりしてたからそんな事無かったのに。
c0152767_11571366.jpg
中に入っているリュウガンの餡ですが、見た目は黒ゴマみたいなあんこみたいな、真っ黒で生地に同化していました(笑)。
c0152767_11575457.jpg
これねえ、何味って言えばいいんだろうか…なんか、お菓子系の甘さではない「出汁」みたいな旨みを感じる不思議な味でした。カツオみたいな…。
c0152767_11583871.jpg
おにぎりの具にある、甘辛いオカカみたいな感じなの。すごい謎の味。不味くないんだけど、美味しい訳でもなかったな…。でも日本では食べられなさそうな味なので、経験出来て良かったです。もっとライチみたいなトロピカルな甘さを想像してたのでビックリしたけど、これがリュウガンの味なのかーって感じ!

台北駅からは少し距離があるのですが、見た目がカワイイですしお土産で食べる分には十分美味しいのでオススメ。忘れちゃったけど何かのコンテストに入賞したそうなので、見掛け倒しでは無い味だと思いますよ。気になる賞味期限ですが、1月16日製造のもので2月15日だったので約1カ月といったところです。

●店舗情報
店名:煤之鄉 貓咪鳳梨酥(?)
住所:新北市瑞芳區柴寮路48號(※猴硐火車站前、通称猫村の駅を出てすぐ左手)
電話番号:+886 2 2497 1240
営業時間:10:00~18:00(土日は9:00~19:00)
HP:http://www.cat48.com.tw/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-02-04 12:09 | 台湾でごはん2018冬 | Trackback | Comments(0)

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガー

c0152767_21411035.jpg
台湾のヌガー、牛軋糖(ニョーガータン)の食べ比べの為に購入しました。こちらはパッケージのデザインがとってもキュートなので、ガイドブックには勿論掲載されていますしインスタ映えするのでSNSなどにもよくアップされていますね。大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)のヌガーです。パイナップルケーキも大人気ですが、実は台湾へ行く前にお土産で頂いて食べてしまったので、今回はヌガーだけを買って帰りました。
c0152767_21434022.jpg
こちらは16個入りで350元(約1400円)。ミルクピーナッツ、ミルクマカダミア、抹茶マカダミアの3種類がセットになっています。この小花柄はどうも16個入りのみのようで、32個入りで480元のものになると女の子や金魚など別の絵柄のパッケージになるんです。私は自分用に16個入りを買いましたが、かさばらないしスーツケースの中で邪魔にならないのでお土産には向いているんじゃないかなって思いました。
c0152767_21473791.jpg
透明なケースをスライドさせるとこんな感じ。サイズ感もこの写真でわかるかな?この小花柄のパッケージはランダムに入っているので、店頭で好きな組み合わせのものを選ぶといいと思いますよ。のちほどホテルで購入した時の記事は別途アップしますが、常温・冷蔵など種類がいっぱいありました。マゴマゴしないように事前にネットで色々と調べてから買いに行くといいかも。
c0152767_21500852.jpg
とにかく薄くてコンパクトです。それでいて見栄えもよく、高級感もあるのでこちらも女子向けのお土産に喜ばれそうですね。
c0152767_21504810.jpg
とにかくカワイイので何枚でも写真を撮ってしまいたくなります。また、可愛いだけではなく発酵バターを使用するなど、素材にもこだわりが。
c0152767_21514786.jpg
1人では食べきれないので中身をバラして、ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイのヌガーとセットにして食べ比べが出来るバラマキ土産として配りました。
c0152767_21524818.jpg
…が、ちょっと難点がありまして。このひとつひとつのパッケージには、何味なのかっていう明記が一切されてないんです。なので、差し上げもので申し訳ないんですけどひとつずつ開封して中身を確かめてから配りました。コレ、私が気づいていないだけで例えばこの黄緑色は抹茶味、とかそういうルールはあるのでしょうか?ネットで検索した限りでは見つからなかったんですよね~、その手の情報が。
c0152767_21542896.jpg
ひとつずつ取り出して行くと、箱の底にも亀さんのイラストが…!食べ終わった後もちょっと嬉しい気配りが潜んでいるんです。
c0152767_21551204.jpg
色合いもパステル調で、レトロ感があるのもいいですね。台湾のヌガーは基本的に細長く、透明な袋に入っているものがほとんどなのでオークラの場合はこの正方形とデザインの意外性がウケたんじゃないかなって思いました。見た目、大事。
c0152767_21562718.jpg
この小さな箱を開けると、オブラートで包まれたヌガーが出て来ます。そのままお口にポイっと放りこんでしまってOKです!
c0152767_21573746.jpg
これが中身を色々と調べている時の様子(笑)。抹茶味は黄緑の箱にも入ってたし、青色の箱にも入ってたし…。ランダムだなあ。
c0152767_21583668.jpg
こちらはミルクマカダミア。ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイと同じく、マカダミアナッツが入っています。
c0152767_21595913.jpg
実際に他メーカーと比べてみるとわかるんですけど、同じヌガーでもやっぱり全然違う…!ロイヤルニッコーより甘みがとても強く、なんというかネチネチとしてます。キャラメルに質感が近いですね。口の中ではすぐにとろんと溶けるんですけど、後味もずーっと甘さが残る感じ。ヌガーというより、キャラメル。バターを使っているからなんでしょうか。
c0152767_22015518.jpg
こちらも比較対象がロイヤルニッコーとなってしまいますが…抹茶マカダミア。日本は寒いので硬い質感になってしまっていますが、口の中に入れるとまろやかに溶けて柔らかくなるのでチープさは感じなかったです。さすが。
c0152767_22030769.jpg
中に入っているマカダミアナッツはサクサク!ヌガーはやっぱりキャラメルに近いねっとりさがあって、ロイヤルニッコーの空気を含んでいるような軽い感じとは真逆をいっているかなあ、と。抹茶味はなかなか強く、後味はちゃんとお茶の苦みが残ります。甘さは強いけど抹茶味の主張もちゃんとあるよって感じ!
c0152767_22043328.jpg
最後はミルクピーナッツです。ベースのヌガーの味はミルクマカダミアと同じですが入っているナッツの種類が違うだけで味わいやその印象も結構違います。まず、香ばしさが全然違う!ピーナッツはやっぱりマカダミアに比べて香ばしく、食べてすぐわかるの。
c0152767_22054760.jpg
その分、ヌガーそのものよりもピーナッツの風味の主張が強すぎてしまって、ちょっとチープな…うーん、なんだろう。ご当地のお菓子とかにありがちな、落花生キャンディとかピーナッツキャラメルみたいな、ああいう味に感じてしまう。ヌガーっぽくはないですね。ピーナッツキャラメルだな、こりゃ。

という訳で、個人的な好みだけで言うと私はホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイのほうが好きかな。ただ、オークラがマズイって事ではなくて、甘さ強めやネチネチ感を求める人にはオークラをオススメしたいです。見た目もいちいち、可愛いですしね。台湾のヌガー、奥深いです!
ちなみに、こちらのヌガーはオークラの1Fにあるベーカリー、The Nineにて販売しています。

★台北老爺大酒店(ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ)のヌガーの記事はこちら

大倉久和大飯店(オークラプレステージ台北)
http://www.okurataipei.com.tw/jp

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-01-30 22:11 | 台湾でごはん2018冬 | Trackback | Comments(0)

チョコサンドクッキーとペン型クッキー

c0152767_22385835.jpg
最近頂いたお土産です。チョコサンドクッキーとペン型クッキー。
c0152767_22394833.jpg
昔から馴染みのある、クレヨンとクレパス?だったかな、文房具のデザインをモチーフとしているちょっとユニークなお土産です。缶なので、食べ終わったあとも小物入れとして使う事が出来ます。可愛いですね。
c0152767_22404755.jpg
中はどんな感じかな…と思ったら、さすがにクレパスの形はしていませんでした(笑)。でも統一性のあるデザインの小袋入り。遊び心がありますね。
c0152767_22413431.jpg
ちょっとずつ、色合いも違うんですよ。中身のクッキーは同じでしたけども…。
c0152767_22420146.jpg
結局、緑・オレンジ・紫というサイケな組み合わせのこの小袋を選んでみました。
c0152767_22423717.jpg
クレパス3本分の形をしているペン型クッキー…というよりもサブレに近い味わいだったかなあ。ザクザク食感です。甘さは控えめ…。
c0152767_22431701.jpg
クレヨンの缶に入っているのは、チョコサンドクッキーです。
c0152767_22434275.jpg
こちらも小袋のデザインがいちいちクレヨンのモチーフとなっていて可愛い。中身は同じですけど色を選ぶ事が出来ます(笑)。
c0152767_22442433.jpg
子供さんはきっと大喜びするんじゃないでしょうか。大人の私でもちょっと、ときめきました。
c0152767_22445467.jpg
結局みどりを選んでみた!
c0152767_22451145.jpg
中身はチョコサンドクッキーというよりも、クリームなどをはさんだウエハースみたいなお菓子です。
c0152767_22454155.jpg
どちらも味がすごく美味しいってわけではなくて、正直お土産としては普通レベルです。でも見た目がカワイイので、ちょっと誰かにあげたくなっちゃう、そんなお土産なんじゃないかなって思いましたよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 池袋情報へ


by nalu_3_lin | 2018-01-16 22:38 | お土産 | Trackback | Comments(0)


池袋を中心としたウマー( ゚д゚)なグルメ。一般社団法人日本スーパーフード協会認定 ジュニアスーパーフードマイスター。


by nalu_3_lin

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
池袋情報
寿司・魚介類
天ぷら・揚げ物
そば・うどん・麺類
焼鳥・串焼・鶏料理
すき焼き・しゃぶしゃぶ
おでん・鍋・スープ
お好み焼き・もんじゃ等
丼もの
和食その他・地方料理
ステーキ・ハンバーグ
イタリアン(パスタ・ピザ)
洋食・欧風料理
西洋各国料理
中華料理
餃子・肉まん
韓国料理
アジア料理
ラーメン・つけ麺
カレーライス
インドカレー
焼肉・ホルモン類
居酒屋・ダイニングバー
ラウンジ・ホテル
パン・サンドイッチ
ハンバーガー・ホットドッグ
カフェ・喫茶店
珈琲・紅茶専門店
洋菓子(ケーキなど)
→シュークリーム
→アイスクリーム
→ドーナツ
→ドリンクなど
和菓子・甘味処
→鯛焼き
→あられ・煎餅
その他スウィーツ(笑)
定食屋・弁当・おむすび
その他
→東京駅
→銀座
→表参道
→上野
→新大久保
→ディズニーリゾート
催事イベント
お土産
→東京土産
→ハワイのお土産
→海外のお土産
→アンテナショップ
お取り寄せ(通販)
お菓子(市販)
→外国のお菓子
→韓国のお菓子
→無印良品
→株式会社神戸物産
→有楽製菓株式会社
→ヤマザキ
→LOTTE(ロッテ)
→ブルボン
→チロルチョコ
洋菓子・和菓子(市販)
→モンテール
→ふわふわスフレ(ヤマザキ)
→ロールちゃん(ヤマザキ)
→Delicious Sweets
アイスクリーム(市販)
→森永乳業
→赤城乳業
→明治
→丸永製菓
→グリコ
→ロッテ
→井村屋
菓子パン・惣菜パン(市販)
→ヤマザキ
→ヤマザキのコッペパン
ドリンク類(市販)
→ペットボトル
→コーヒー類
→お茶(ティーバッグ含む)
コンビニ
→ファミリーマート
→ローソン
→セブンイレブン
→サークルKサンクス
→ミニストップ
ファーストフード・ファミレス
ハワイでごはん2010
ハワイでごはん2012
ハワイでごはん2013
ハワイでごはん2014春
ハワイでごはん2015春
ハワイでごはん2016冬
岐阜でごはん2017冬
台湾でごはん2018冬
野菜と果物
おうちごはん
→調味料
→インスタント麺
→インスタント麺(韓国)
→【自作】作ってみました
Vitamix
サプリメント・スーパーフード
おいしい!ランキング
食べる本
食べるコラム
Bus sagasu
イベント参加・取材等
ご挨拶&お知らせ

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 03月
2005年 12月

検索

最近食べたもの。


新大久保で絶対に買う


濃厚さがたまらん…!


ふりかけるだけなんです


韓国ドラマの影響で…


自分で干してます


梅味がオススメです


コーヒーに入れるだけ!


細麺で美味しいです


めちゃ美味しいラー油です


ゼリー作りが楽しい


世界一おいしいラーメン

遊びに来た人。

free counters

ブログジャンル